ユソン「結婚して母親役のオファーが多い…ボーイッシュで強いキャラクターも演じてみたい」

写真拡大 (全3枚)

女優ユソンが爽やかな春を届けた。

ユソンは最近、デジタル雑誌「GIOAMI KOREA」で春の女性をテーマにしたグラビア撮影を行った。

現在、ユソンは人気週末ドラマSBS「パーフェクトカップル〜恋は試行錯誤〜」のヒロインであるシン・ジェスン役を務めている。これについてユソンは「ジェスンは情深く温かい人物だ。情が深い性格は私とも似ている。ただ、ジェスンは優柔不断な面があるが、私は合っているものと違っているもの、好き嫌いがはっきりとしているほうだ」と話した。

結婚後、女優として大活躍するワーキングママの手本となったユソンは「結婚後、余裕ができたのは良いが、母性が強調される母親役のオファーが多い。実は、女戦士のようにボーイッシュで強いキャラクターも演じたい。女優として変化に富んだ姿を届けたいのが私の望みだ」と伝え、笑顔を見せた。最後にユソンは「子供を産んで、母として、妻として生きていると人間関係や人生において少し包容力ができたようだ。演技を表現するにおいても、余裕ができたようで結婚して良かったと思っている」とし「今後も女優ユソンにたくさんの声援をお願いしたい」と付け加えた。