映画に登場する子どもの霊たち。コワ過ぎ……
 - (C)2017「こどもつかい」製作委員会

写真拡大

 『呪怨』シリーズの清水崇監督が滝沢秀明を主演に迎えた新作ホラー『こどもつかい』の公開日が6月17日に決定した。滝沢にとって、本作が映画初主演。子どもの霊を操り子どもに怨まれた大人の命を奪うミステリアスなキャラクターを怪演しており、今回彼に操られる子どもの霊たちのビジュアルが公開となった。

 物語は、とある記者(Hey!Say!JUMP・有岡大貴)が郊外で起きた連続不審死事件を追ううちに奇妙な偶然に気付くことから始まる。小さな子どもが失踪した3日後に周囲の大人が死亡しており、彼らは子供に怨まれていたという。街に“子どもの呪い”の噂が流れるなか、記者の恋人(門脇麦)にも危険が迫り、彼は呪いの謎に迫るうちに笛で子どもの霊を操る謎の男(滝沢)に遭遇する……。

 お披露目となったビジュアルには、暗闇の中にたたずむ白目をむいた7人の子どもたちの霊が。公式サイトでは滝沢演じる“こどもつかい”の姿も公開され、特殊メイクを施して新境地に挑む滝沢の怪演はもちろん、清水監督ならではの心霊映像に期待が高まる。2月20日にはバラエティー番組「有吉ゼミ2時間SP」(日本テレビ系・19:00〜)で特報映像を放送予定。(編集部・石井百合子)