千葉で指揮を執るフアン・エスナイデル監督【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

10人の監督が入れ替わったJ2。注目は3人のスペイン人新監督

 今季のJ2は大きな変化がもたらされる1年となりそうだ。多くのクラブで監督が入れ替わったが、スペインから来た新監督が就任するジェフユナイテッド千葉、東京ヴェルディ、徳島ヴォルティスには注目が集まる。彼らは、昨季低迷したクラブを救うことができるだろうか。(取材・文:ショーン・キャロル)

----------

 オフシーズンを通して監督人事に動きのあったJ1クラブはそう多くはない。1部リーグでは4チームが監督を交代させただけだ。

 4つの監督交代のうち、クラブが自ら起こした動きだったと本当に言えるのは吉田達磨新監督のヴァンフォーレ甲府と三浦文丈新監督のアルビレックス新潟くらいだ。長らく待ち望んでいたユン・ジョンファン新監督を迎え入れたセレッソ大阪では、大熊清前監督はその仕事からずっと逃げ出したがっていたかのようだった。

 鬼木達が川崎フロンターレの監督の座に引き上げられたのも、等々力で5年間を過ごした風間八宏前監督が仕事の舞台を変えたいと望んだことによるものだ。

 その風間監督は、J2で初めてのシーズンを戦う名古屋グランパスをすぐにトップリーグに復帰させるという任務を課されることになる。J2では他にも多くのクラブが新監督を迎えており、グランパスも含め10チームが新シーズンに向けて監督を交代させている。

 中にはJリーグでお馴染みの顔もいる。ともにジュビロ磐田の元監督である森下仁志と柳下正明は、それぞれザスパクサツ群馬とツエーゲン金沢を率いる。木山隆之は愛媛FCからモンテディオ山形へと移り、元清水エスパルス・京都サンガの大木武監督はFC岐阜で指揮を執る。

 加えて、経験は浅いがこれからのし上がっていこうとする監督たちもいる。元柏レイソルコーチの布部陽功は、初の監督経験となる京都サンガで田中マルクス闘莉王らを率いる。イビチャ・オシムの通訳から自ら指導する側に転じた間瀬秀一は、J3のブラウブリッツ秋田から愛媛の木山前監督の後任へとステップアップしている。

 だがそれ以上に注目を集めるのは、スペインからやって来て日本で初めて仕事をする3人の監督たちだろう。

得点力に乏しい千葉。元レアルFWのエスナイデルが掲げるスタイル

 ジェフユナイテッド千葉、東京ヴェルディ、徳島ヴォルティスはいずれもJ1で戦った経験のあるチームだが、日本人監督に率いられた昨年はトップリーグ復帰に遠く及ばない結果に終わった。関塚隆監督から長谷部茂利監督へと交代したジェフは11位でフィニッシュ。冨樫剛一監督の率いたヴェルディは18位に低迷し、長島裕明監督の徳島も9位止まりだった。

 その成績を改善すべく、ジェフは元ヘタフェ監督のフアン・エスナイデル、ヴェルディは元ビジャレアル監督のミゲル・アンヘル・ロティーナを招聘。徳島も、サウジアラビアサッカー協会やタイのバンコク・グラスなどで仕事をしてきたリカルド・ロドリゲスをポカリスエットスタジアムに迎えた。

 アルゼンチン人のエスナイデルはレアル・マドリーやユベントスなど欧州のビッグクラブでストライカーとしてプレーし、現役時代にはマルチェロ・リッピやカルロ・アンチェロッティ、マルセロ・ビエルサらの指導を受けた。だが監督としてのキャリアはここまで振るわず、ヘタフェとコルドバを率いていずれも成功を収めるには至っていない。

 前任の長谷部監督は、昨季の残り17試合の時点で関塚監督からチームを引き継いだ。エスナイデル新監督のコーチングスタッフの一員としてチームに残った彼は十分に良い仕事をしてはいたが、創造性のある選手たちに攻撃面で力を発揮させようとするよりも、常にチームの守備面の統制を保つことに気を遣っている様子だった。

 エスナイデルにはその点でチームを改善することが求められる。彼は3-4-2-1のシステムを好んでいる様子であり、高い位置でプレスをかけて両サイドから攻撃する形を志向するようだ。

 昨年のジェフはパス数(21522本)とクロス数(719本)がJ2で3番目に多く、ボールタッチ数(28608回)も3位だったが、シュートの枠内率(456本の32.7%)はリーグワーストだった。エスナイデル監督としては、UAEから獲得した同胞ホアキン・ラリベイがその点を改善してくれることを期待しているだろう。

限られた予算内でのチーム作りが得意な東京Vのロティーナ監督

 ヴェルディにとっても、2016年はゴールチャンスが問題のひとつだった。415本のシュートのうち得点となったのは10.4%のみ。ハードワークはするが決め手を欠くチームに、ロティーナが決定力を加えてくれることが望まれる。

 経験豊富なスペイン人指揮官は、リーガで多くのチームを率いてきた。限られた予算内で仕事をすることに慣れた監督であり、味の素スタジアムでもその力が活かされるはずだ。

 ロティーナは短期間で結果を出し、相手に攻略されにくいチームを作り出すことにも定評がある。プレシーズン序盤の様子を見る様子では、ヴェルディは3-4-3で戦うことになりそうだ。

 前任者の冨樫監督は最適なフォーメーションを確信しきれていない印象で、試合中にもたびたびシステムを変更して選手たちを混乱させる様子もあった。その点にある程度の安定感がもたらされればチームにリズムが生まれ、スロースターターだという評価も払拭することができるはずだ。昨シーズンはリーグ戦で記録した43ゴールのうち、試合開始から15分間に記録したものはわずか3点だった。

 オフシーズン中には前線の補強に大きな動きはなく、梶川諒太の復帰のみが攻撃陣の新戦力だが、加入1年目には負傷に苦しめられたドウグラス・ヴィエイラがプレシーズンになかなかの好調ぶりを見せている。

ロドリゲス監督は保守的だった徳島を改善できるか?

 一方の徳島は、昨年はピッチ上のあらゆる場所でおおむね平均的なチームだった。プレーオフ圏内への挑戦が現実味を帯びなかった理由は、試合終盤の集中力あるいは体力の欠如にある。42点の総失点のうち20点が、試合の残り30分以降に奪われたものだ。

 負傷によりユースレベルで選手としてのキャリアを終え、24歳で指導者の道を歩み始めたロドリゲスは、その部分の修正を図りたいと考えていることだろう。

 UEFAプロライセンスを保有する彼はスペインでいくつかの仕事を経験したあと、2011年にサウジアラビアでの仕事を開始。2014年にはラーチャブリーの監督として初めてタイでの職に就き、さらにバンコク・グラスとスパンブリーを率いた。だがスパンブリーでの仕事はわずか3ヶ月で終えている。

 ロドリゲスはフレキシブルな指導者のようで、選手たちのメンタルやモチベーション面を重視している。彼の呼ぶ「戦術特定」というスタイルを用い、個々の選手が特定の役割を果たす上での綿密な指示を与える。彼のブログを覗いてみれば、昨シーズンの後半はJリーグの試合を視察していたようだ。日本のサッカースタイルには慣れ親しんでいるはずであり、細部までこだわるアプローチはこの国の選手たちによく合いそうだ。

 その手法を通し、保守的であった長島前監督のサッカーからの改善が成されることを徳島は望んでいることだろう。昨季のチームは試合に勝つこと以上に負けないことに集中しているかのようだった。

 それが実現するかどうかは今後次第だとしても、今季のJ2はこれまでになくオープンな戦いとなりそうだ。スターティングラインに立つ新たな男たちは、慎重な中にも自信を抱いている。

(取材・文:ショーン・キャロル)

text by ショーン・キャロル