今秋発売見込みのiPhone8に関する噂が報じられるのに伴い、iPhone8のコンセプト画像や動画も次々に公開されています。
 
今回はフルディスプレイ搭載で物理的なホームボタンが消失した代わりに「仮想」ホームボタンを搭載、その上部にアプリによって変わるファンクションエリアを設けたiPhone8のコンセプト画像をご紹介します。

仮想ホームボタンとファンクションエリア

米メディアMacRumorsのフォーラムユーザーであるdeuxani氏が、デザインが大幅刷新されるiPhone8のモデルは「ベゼルが薄いが、上部にカメラとスピーカーのスペースはあるはず」「上部と下部のベゼルは同じ幅」という想定、そしてつい先頃KGI証券のミンチー・クオ氏が発表した「物理的なホームボタンは消失し、その代わりにファンクションエリアが設けられる」などの予想をもとに、コンセプト画像を作成しました。
 
deuxani氏はホームスクリーンでは、ホームボタン(物理的なホームボタンとほぼ同サイズの仮想ボタン)と、ドック内のアプリのボタンが現行のiPhoneと同じような形で表示されることを想定しています。
 
ただしホームボタンが右でSiriの呼び出しボタンが左に配置される、あるいは最近開いたアプリやコントロールセンターが表示されるかも知れない、とも述べています。

アプリによって表示ボタンが変化

使うアプリによって、画面下部、つまりクオ氏のいうところのファンクションエリアの表示は、次のように変化します。下の例はInstagramとTwitterです。
 
iPhone8 コンセプトhttps://forums.macrumors.com/threads/iphone-8-home-button-ui-implementation.2032467/
 

またiPhone8は有機EL(OLED)を搭載するため、スクリーンがオフになっている場合でも、TouchIDセンサーは常に表示されるだろう、と同氏は推測しています。
 
iPhone8 コンセプトhttps://forums.macrumors.com/threads/iphone-8-home-button-ui-implementation.2032467/
 
 
Source:MacRumors Forum
(lunatic)