サラ・ポールソン

写真拡大

『Glee/グリー』などのヒットメーカー、ライアン・マーフィーが手掛ける『アメリカン・クライム・ストーリー』(以下『ACS』)シーズン4で、米元大統領ビル・クリントン氏の不倫騒動が取り上げられることが決定し、サラ・ポールソン(『アメリカン・ホラー・ストーリー』以下『アメホラ』)が出演することが分かった。米E!Onlineが報じている。

同サイトのインタビューに応えたマーフィーが、本シリーズのシーズン4で、クリントン氏と不倫騒動を起こしたホワイトハウス実習生モニカ・ルインスキーのストーリーを描くことを認めた。そして、シーズン1に当たる『アメリカン・クライム・ストーリー/0・J・シンプソン事件』に主演したサラが出演することも明かしている。

「サラが出演するけどヒラリー・クリントン役ではない。ヒラリー役は他の女優が演じる予定で、現在キャスティング中だ。サラが何の役を演じるかは言えないけど、今年の終わりに撮影を開始するよ」とコメント。サラは、『ACS』と『アメホラ』の他、来月FXで放送がスタートするマーフィーによる『Feud(原題)』にも出演。彼女はマーフィーのお気に入り女優として知られ、彼が手掛けるシリーズに欠かせない存在となっている。

実際に米国で起こった事件について綴る『ACS』シーズン2では、2005年に米国南東部を襲ったハリケーン・カトリーナが取り上げられ、シーズン3は1997年に殺害されたファッションデザイナー、ジャンニ・ヴェルサーチの事件が描かれることが決定している。(海外ドラマNAVI)