(481810768/Shutterstock)

写真拡大

 近所づきあい、職場の人たち、家族の問題…昔から、悩みごとのほとんどを占めてきたのが人間関係です。米国人のレオ・ババウタさん(Leo Babauta)が自身の著名なブログ「禅の習慣」(Zen Habits)で、その解決方法を紹介しています。

 初心に返る

 ババウタさんが紹介しているのは、「初心に返る」という禅の言葉。このシンプルな思考法を練習すれば、「多くのトラブルは解決するし、多くの喜びがみつかる」といいます。

 仕事やスポーツの分野において、日本では昔から使われているこの言葉。ババウタ氏によると、初心に返るというのは、「物事に対する自分の期待や先入観を捨て、初心者のように心をオープンにし、新鮮な目でそれらを見ること」

 何かを学び始めたばかりの人にとっては、すべてが新鮮です。不慣れなため、失敗することがあるかもしれませんが、物事すべてを、驚きと興味を持って見ることができます。それが、「初心に返る」ことなのです。

 この思考法で、次のような変化が現れるとババウタ氏は述べています。

 1.よりよい経験ができる

 「これは、こうなるべきだ」「自分はすでに知っている」という偏見や先入観、あるいは妄想に振り回されなくなります。比べられる偏見や妄想がないため、経験したことにがっかりしたり、不満がたまったりすることがなくなります。

 2.よりよい人間関係が築ける

 誰かと話をしている時、イライラするのはなぜでしょうか。それは、相手が自分の期待や理想に応えていないからです。初心に返り、新鮮な気持ちで相手を見ると、分かってくることがあります。それは、彼らはただ幸せになりたいだけであり、多くの場合、彼らは善意でやっているのだということです(それがあなたの希望しているものとは違うかもしれないが)。そして、彼らもあなたと同様に、悩んでいるのです。この思考を持てば、相手との関係がぐっとよくなるでしょう。

 3.仕事が早くなる

 複雑でプレッシャーの多い仕事は、つい後回しにしたくなります。仕事の大変さや失敗した時の事を考えるより、まずは初心に返ってみましょう。細かな部分に気づくようになり、その仕事がどうやって展開していくのか、興味を持って進めることができます。

 4.不安が少なくなる

 大きな会議やイベントが目前に迫っていて、うまくいくかどうかと不安を感じていませんか?何が起こるかを心配するより、心をオープンにして、興味を持って臨みましょう。物事の結果を想像して不安を感じるのは、余計な先入観のせい。「知らない」ということを喜んで受け入れ、その瞬間に自分がやっていること、自分が出会う人々に感謝の気持ちを持つことで、不安は消えていきます。

******

 人付き合いが苦手という人は、試してみませんか?「こうあるべき」という固定観念を捨てて、ありのままの相手を受け入れるのです。ババウタ氏は、「きっと相手の善良な部分や、抱えている困難にも気づくでしょう。そして、ありのままの彼らに、感謝して下さい」とアドバイスしています。

(文・郭丹丹)