荻上直子監督の最新作「彼らが本気で編むときは、」(2月25日・土公開)に出演する桐谷健太/撮影=横山マサト

写真拡大

心と体が一致しないトランスジェンダーのリンコ(生田斗真)と、彼女を取り巻く人々を描いた荻上直子監督の最新作「彼らが本気で編むときは、」(2月25日・土公開)で、リンコと暮らす恋人・マキオを演じた桐谷健太。映画やドラマ、CM、さらに歌手としても活躍中の桐谷に、映画に込めた思いを聞いた。

【写真を見る】ドラマ共演のある生田とは「その打ち上げでキスも経験済み(笑)」と笑う桐谷健太/撮影=横山マサト

――オリジナル作品「彼らが本気で編むときは、」の脚本を読んだ第一印象は?

すごくいい脚本だなと思いました。原作のないオリジナル作品ということもあり、空気感や雰囲気でどんどん人をひきつける、とても映画らしい話です。この脚本で映画を撮れるのは、すごく幸せなことだなと思いました。

――撮影の前には、トランスジェンダーの知人の方からお話を聞いたそうですね。

トランスジェンダーの人と付き合っている人や、結婚したいと思っている人について聞きました。でも、やっぱり人それぞれなんですね。ただ、きちんと付き合ったり、結婚という部分でまだ日本は理解が少ないんです。だからマキオは物腰や喋り方は柔らかいけど、それとは裏腹にすごい男らしいやつなんだろうなって感じました。病院でリンコさんが男部屋に入れられた時、ちゃんと怒ったりするじゃないですか。マキオってオラオラ系じゃないし、普通にフワっとそこにいるだけなんだけど、リンコさんにとっては実は頼りがいがある人物だろうなって、自分の中でどんどんどんどんイメージが沸いてきました。

――生田斗真さんの恋人役を演じるにあたり、心掛けたことは?

自分はマキオ、斗真はリンコさんとしてお互いがその役を全うするということですよね。もともと斗真とはドラマで共演してたし、その打ち上げでキスも経験済みで(笑)。そんな距離感の近さも功を奏したんでしょう。僕らは二人でいて普通に沈黙する時があっても、それがぜんぜん苦にならない。やっぱり初めましての人じゃなく、斗真とだったから良かったんだろうなっていう感じはすごいあります。

――実際にリンコさんを演じる生田さんと共演していかがでした?

最初に脚本を読んだときに、斗真ならリンコさんの役は合うだろうなとは思ってました。でも、斗真はすごく大変だったと思うんです。現場でも荻上監督からは「男の声になってます」とか言われたり、座り方ひとつ取ってもそうですよね。監督自身この映画は勝負、人生を賭けてるくらいのことをおっしゃっていたので、自分としても斗真や監督のために何かできたらいいなという思いはありました。ちょっと自分、性格変わったかなって(笑)。

――それは優しくなったということですか?

今までは俺が一番目立ったる、俺が目立っとったら作品にもいいやろ、くらいの気持ちがあったんです。それはそれで良かったと思うんですよ、今までの作品ではね。でも今回、自分がそういう思いになれる年齢と、マキオという役が重なった感じはありますね。目立ってやるみたいな気持ちだったらきっとマキオじゃないし。マキオはそっとリンコさんのそばにいるじゃないですか。「自分が、自分が」みたいなところは全くない。斗真が美しく見えたらいい、監督が満足してくれたらそれでいいって感覚が、勝手に自分の中に入っていたというか。だから自分の中では驚きというか、俺こんな感じになってるやん、みたいな不思議な感じでした。

――監督から役について何かお話はありましたか?

撮影前は、自分の旦那さんとイメージが近いって話は少ししたくらいでしたね。撮影の初日が、川辺でトモと一緒に自転車を押しながら家に帰るシーンだったんです。最初のテストで、ちょっと笑顔が多過ぎますねって言われたんです。俺、「優しい人」って部分を説明してもうてたんですね。マキオはトモに対しても子供扱いしないし、リンコさんにも普通に女性として接している。だからからリンコさんも気を使わずいれるんです。初日で監督に言われた一言で余分なものが全部が取れて、それからは感覚的にいけたって感じですね。

――荻上監督とお仕事されて、いかがでしたか?

単純にさっき言った「俺が、俺が」って部分がなくなったのは、大きな変化ですね。フワっとすくう感じというか、今まではどちらかといえばガー!ていう感じで、それはそれで作品的には合ってたんですけど。こういう役が来るタイミングと自分が気持ち的にそうなれるタイミングっていうのが重なった、すごくいいポイントになる作品じゃないかなと思います。ターニングポイントというか“ゴーポイント”。ここからまた新しい道ができたという感じですね。

―――実際に出来上がった映画をご覧になっての感想というのはいかがでした。

いろんなポイントで結構泣きましたね。特に印象に残っているのが、リンコさんのことを悪く言った友達のお母さんに、トモが小さな体で立ち向かうとことか。あそこは別に音楽で盛り上げたりする“泣かせ”のシーンじゃないんですよ。でもトモがリンコさんを思う気持ちがすごい出てた。素直に言葉にできなくて、思い切り行動に出してしまうってところがね。全体に脚本を読んでいたときよりも、作品になったときの方が泣けたんですが、こうやって撮るんだって部分が面白かったですね。

――今回の作品に携わる前と後で、子育てやトランスジェンダーの方に関する考え方に変化はありましたか?

俺の場合は近くにそういう友達がいたから、違和感や変化はなかったですね。けど彼らも、ほんまに自分がつらかったことは口にしないじゃないですか。この映画より、ずっとつらい疎外感を感じながら生きている人もたくさんいるだろうし、リンコさんはマキオという理解者がいて幸せだし。そういう意味では、友達もつらい思いをしてたんだなって思いをはせたりはありました。でも子育て、たとえば育児放棄については、リンコさんが「母親として、人間としてやっぱり子供は育てていかなきゃいけない」って言ってたように、誰かが気づかせてあげるとか、余裕があったら手を差し伸べてあげれられたら、もっと世の中変わるのになって思いました。完成した映画を見たときに、これは母親の話だなと思ったんです。みんな誰か母親がいたわけだし、だから誰にでも当てはまる話なんだなって。

――桐谷さん自身、お母さんのことで特に印象的なエピソードはありますか?

それはもうめちゃくちゃいっぱいありますね。なんでこんなに俺のこと分かってるんだろって思ったりとか。この間、ドキュメンタリーの仕事で、ベネズエラの秘境のような場所に行ったんです。普段はビルに囲まれてるから意外と分からないけど、あまりにも自然が近くて、自然の中にいるだけで喜びも恐怖もすごい感じるんですよ。昔の人たちが、自然に対して祈ったりとかお供えする感覚が分かるくらい。夜テントで一人で寝ててめっちゃ怖くなった時があって。俺こんなビビリなんやって思った時に、お守りの鈴が鳴ったんです。旅行とか遠くに行く時、毎回オカンがこれ持っていきってお守りくれるんですけど、そのお守りの鈴がね。そのとき、地球の裏側なのにめっちゃ見てくれてるやん、ありがとうって泣けてきて。そんなこともありました。

――最近は歌手としての活動も活発ですよね。

僕も観たことないですよ、自分があんなに歌ってるの(笑)。もともとCDを一枚出していたんです。その歌をCMプランナーの方が聴いててくれて、しかも僕が三線も弾けるっていうのをバラエティーで見て知っていた。それでauのCMの時に、浦ちゃんにぴったりだということで浜辺で歌うことになったんです。BEGINさん作曲のメロディーもめっちゃいいし、それが2週間ずつ変わりながらCMで流れるってだけでうれしくて。やったーぐらいの感じだったです。そしたらYouTubeの再生回数がすごいことになってるよ、みたいに言われて。そのうちFNS歌謡祭のお話をいただき、あのアーティストさんたちが目の前で見てるやつ?って、どんどん広がっていって。

――いつの間にかという感じですね。

でもその時、ある人に言われたのが、「おまえがやってきたことは変わってない」と。思い込めて歌うことも三線も前からやってたし、それに気づいてもらえたのはもうおまえの努力のたまものだよって言ってもらえ、その時にすごくうれしかったですね。だからこうなって当たり前やなんて全然思ってないです。実は最初にCD1枚目出した時は、「これで紅白歌合戦出るんや」って言うてたけど(笑)、まさか本当に出させてもらうとは思いませんでしたから。でも実感としては、外出た時に子どもたちが歌ってくれたり、おじいちゃんおばあちゃんが声かけてくれたりするのが、何万ダウンロードとかよりリアルな実感としてあるんですよね。なんか、みんなの歌になったんやな、みたいに思えて。いい経験できたし、すごく面白い年でしたね。

――これからもお芝居と歌を続けていきますか?

そうですね。最近は役者と歌手、選ぶとしたらどっちを取りますかってよく質問されるんですけど、それは朝と夜どっちが大事なのかと同じで、どっちもつながってるよと思うんです。子どものころから両方とも好きだったし、楽しくやっていけたらっていう感じですね。また巡り合わせがあれば歌いたいし、自分の中で言葉が浮かべば詞も書くでしょう。これからも、その時、その時の感覚を大切にしていきたいですね。

きりたに・けんた='80年2月4日生まれ、大阪府出身。O型。'16年にはドラマ「水族館ガール」(NHK総合ほか)や「カインとアベル」(フジ系)に出演したほか、映画「ターザン:REBORN」ではターザンの日本語吹き替えを務める。また、「NHK紅白歌合戦」に出場するなど、多方面で活躍