大量消費社会である今だからこそ始めたいのが「ミニマリストファッション」。必要最低限の洋服を着回すスタイルは、お財布に優しいだけでなく収納や環境にも優しく、最先端のエコスタイルといえそう。今回は、そんなミニマリストになるために知っておきたいことをまとめてみました。

1. まずは断捨離からスタート

ミニマリストの基本となるのが「断捨離」の精神。不要な服は買わない・着ない服は捨てる・持っているものに執着しない、の3本柱を実践することができれば、あなたは立派なミニマリスト。クローゼットの整理整頓こそが、ミニマリストになるための第一歩なのです。

2. サイズの合ったものを購入する

長期間の着回しを考えるミニマリストであれば、サイズの合った服を購入したいもの。靴のサイズはもちろんのことですが、スカートやパンツのウエストサイズもぴったりのサイズを慎重にチョイスすること。変動の激しいウエストサイズは、自分のベスト体重に合ったものを選ぶのがポイントです。

3. シンプルなものは天然素材をチョイス

長期にわたってワードローブの主役となるシンプルデザインは、着回し力も抜群。だからこそシンプルなものにクオリティの高さを求めるのは、ミニマリストの基本。上質なカシミアやアルパカのニット、綿や麻素材のシャツなど天然素材は丈夫で長持ちするのでオススメ。一方、ポリエステルやナイロンは、生地が傷みやすいのでミニマリストスタイルには不向きな素材といえます。

4. 居心地の良さを追求する

居心地の良さを追求するのも、ミニマリストになるための大切なポイント。上記に記したように、高品質の服も居心地の良いスタイルづくりには欠かせません。また、動きにくい服装は着ていく場所が制限されてしまうので、着回しを重視するミニマリストには不向きです。

5. 3年間着られるかが購入ポイント

ミニマリストなショッピングをするときに気をつけたいのが流行。はやりに翻弄されてばかりではミニマリストにはなれません。3年間使いきれるかがミニマリスト目線での購入ポイントとなるので、シーズンが終わるとともに着れなくなってしまう服の購入は控えるのが賢明。

6. 小物アレンジはマスト

ミニマリストファッションをスタイリッシュにきめるポイントとなるのが小物使い。アクセサリーやバッグ、ベルトなど取り入れるだけでシンプルな定番スタイルも、一味違った印象に仕上げてくれます。

7. 自分に似合っているものを知る

ミニマリストであれば、流行に翻弄されたスタイルは今すぐ卒業するべき。試みる必要があるのは、自分スタイルの確立です。自分スタイルを確立するための近道は、自分が好きなものを選ぶことではなく、自分の雰囲気や体型に似合うものはなにかを知ること。たとえシンプルなファッションであっても、自分スタイルを知っている人からは、素敵なオーラが放たれているものです。