橋本予想

写真拡大 (全3枚)

 サッカーダイジェスト本誌とサッカーダイジェストWeb編集部員がtoto予想で対決する短期集中企画。
 
 第1回目は、2017年Jリーグ開幕節と第2節の各対戦カードを占う。果たして、どちらが多く的中させられるのか?
 
―――◆―――◆―――
 
[サッカーダイジェスト編集部橋本の予想]
 チームの完成度にばらつきが見られる序盤戦だからこそ波乱は付きもの。当然、メンバーが大きく変わったチームほどその餌食になりやすく、なかでも前線に大久保嘉人や永井謙佑が加わったFC東京はその筆頭と見る。
 
 大宮をホームに迎える2節は、戦力的な側面で優位に立つとは言え、昨季に年間5位と躍進した大宮の勝利で「2」と予想。
 
 J 2ではやはり選手の顔ぶれが変わった名古屋が躓きそうな気配。しかも開幕戦の相手は昨季にプレーオフ進出を果たした岡山で、一筋縄とはいかないだろう。 「風間サッカー」の浸透に時間がかかると見て、「2」と予想した。
 
 
[サッカーダイジェストWeb編集部羽澄の予想]
 開幕2節は各クラブに多少なり堅さが出ることを想定。そうした状況下でも本来のパフォーマンスができるかどうかが鍵となることを考え、ポイントとしたのはチームの成熟度だ。
 
 昨季の年間王者となった浦和は適材適所の補強に成功、さらにここ2シーズン連続で開幕スタートダッシュに成功していることから 横浜戦を「2」、C大阪戦を「1」と予想した。
 
 開幕節で激突する鹿島とFC東京はレオ・シルバや大久保嘉人ら両軍の新戦力がチームに 馴染んでいないと予想して「0」とし、C大阪は古巣復帰の清武弘嗣が早期にフィットすると読んで磐田戦は「1」と予想した。
 
 
第1節
2/25 鹿島 vs FC東京(@カシマ)
 
 ともに充実した戦力を揃えた 鹿島とFC東京の一戦。昨季の年間王者に輝いた前者は、レオ・ シルバ、ペドロ・ジュニオールらを補強し、選手層の上積みに成功した。 ただ、その点ではFC東京も負けていない。大久保嘉人、太田宏介、永井謙佑などの実力を獲得し、その陣容はクラブ史上最強とも言われる。
 
 リーグ戦での両者の対戦成績 は19勝7分6敗で、鹿島が圧勝。しかも、カシマスタジアムでの対戦ではわずか1敗のみとお得意様だ。データ上、FC東京にとっては“鬼門”となるが、果たして――。
 
 
第2節
3/4 浦和 vs C大阪 (@埼玉)  
 
2節で注目すべきは、ともに攻撃陣にタレントを揃える浦和とC大阪の対戦だ。今季の浦和は、大型補強こそなかったとはいえ、ラファエル・ シルバを筆頭に、戦術に幅をもたらしそうな即戦力を複数人獲得。戦力値は確実にランクアップした。
 
対するC大阪は、J1でも上位 を狙えそうな陣容を整えてきた。 注目は清武を加え、より強力になったアタッカー陣の出来。柿谷、杉本、山口らとの連係を強化し、ユニットとして機能すれば、過去1勝しか奪えていない埼玉スタジアムでの金星もあり得る。
 
今後のtoto販売スケジュール
第913回:3/4(土)〜3/11(土)
第915回:3/11(土)〜3/18(土)
第916回:3/18(土)〜3/25(土)