短いオフで疲労が蓄積されているかもしれないが、秋田氏は「ACLとの連戦も問題ない」と充実の戦力となった今季のチームに太鼓判を押す。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 九州でキャンプを張るチームをいくつか見たなかで、昨季は二冠を達成した古巣の鹿島も取材した。
 
 昨季は天皇杯でも優勝しただけに、休みがあまり取れず、コンディションがまちまちではあった。ただ、ニューイヤーカップの戦いぶりを見る限り、今オフの精力的な補強もあって、充実の戦力が整ったというのが率直な感想だ。ACLとの連戦も問題ないと思う。
 
 何よりも、レオ・シルバの加入は本当に大きい。攻守両面で効いていたし、闘う姿勢を随所に示して、ボランチの位置から的確に捌き、一列前に上がってはフィニッシュにつながるパスを配給する。
 
 鹿島の組織的な守備にもすぐ適応できていたように、賢いし、サッカーを本当によく知っている。誰が見ても、良い選手であるのは間違いない。新潟にいた時は、様々な面で負担がかかっていたと思う。それが鹿島ではいくらか軽減されて、持てる能力をフルに発揮できているのではないだろうか。
 
 さらに、同じく新加入のペドロ・ジュニオールが上手く相手のマークを外して、ドリブルで仕掛けていく。今シーズンは彼らふたりが新たな色付けをして、チームが躍動する姿を容易にイメージできた。
 
 その他では、三竿雄斗も可能性を感じさせるパフォーマンスを披露していた。手薄だった左SBのポジションで、バランス良くプレーしながら、攻撃面も及第点の出来だった。左利きの左SBは久しぶりで、即戦力として活躍してくれそうだ。
 
 既存の選手も期待ができる。特に、鈴木優磨。あのギラギラ感を出せる選手は、今の時代はなかなかいない。背番号も9に変わって決意を新たにしているだろうし、近い将来、鹿島のエースになり得る素材だと信じている。
 
 懸念材料を挙げるとすれば、CBか。他と比べて、決して層が厚いわけではないし、軸である昌子源が怪我をした時に、どこまで耐えられるか。もしかしたら、厳しい戦いを強いられるかもしれない。
 
 もっとも、今季の編成からは、若い町田浩樹を育てようという意図が見える。190センチのサイズと技術に恵まれている一方で、不足しているのはスピードと試合経験。とにかく、できるだけ実戦を重ねていくことで、ブレイクのきっかけを掴んでほしい。
 
 もうひとつ、気がかりなのが、冒頭でも少し触れたように、疲労を抱えたまま、シーズンインすることだ。
 
 似たような状況は僕にも経験があって、あれは2000年のことだけど、早い段階でアジアクラブ選手権を戦って、そのままリーグ戦の開幕を迎えた。第1ステージは苦しんで、思うようにリズムに乗れず、11位という結果に終わった。
 
 ただ、周知のとおり、その年は国内三冠を成し遂げたシーズンでもある。最後の3か月に調子を上げていって、3つのタイトルを獲得してみせた。
 
 もしかしたら、今季のチームも序盤は苦戦するかもしれない。そこで頼りになるのが、レオやペドロといった新戦力だ。彼らは昨季、早い段階で休みに入れているから、最初はフル回転の働きでチームを引っ張っていってほしい。その間、小笠原満男や金崎夢生、昌子らが上手く休養を取りながら、戦っていくのが理想的だろう。
 
 石井監督とも話をして、ターンオーバーで行くのか、半分ずつ入れ替えていくのか、そこの判断は難しいと言っていた。チーム状態を見ながら決めていくことになると思うけど、過去約1年半の在任期間で、リーグ、ルヴァンカップ、天皇杯で栄冠を勝ち取った指揮官がどんな采配を見せるか、今から楽しみだし、期待したいと思っている。