恋愛に不器用な人々によるラブコメディ

写真拡大

 女優の高梨臨が、藤原晶氏の漫画を実写化する読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ「恋がヘタでも生きてます」に主演していることがわかった。高梨の民放連ドラ主演は、TBS系「放課後グルーヴ」以来、約4年ぶり。新興ゲーム会社でバリバリ働くキャリアウーマンだが、恋愛は最長2カ月しか続いたことがない“恋ヘタ女子”茅ヶ崎美沙に扮する。

 藤原氏が「プチコミック」(小学館刊)で連載した同名漫画を原作に、「NANA」「ラフ ROUGH」「がじまる食堂の恋」などで知られる大谷健太郎監督の演出でドラマ化。恋愛ものならではの“願望”を詰め込んだシーンや、人生設計、性生活にまつわる赤裸々なガールズトークを交え、「女性の本音と建前が入り乱れるラブコメディ」を紡ぐ。

 NHK連続テレビ小説「花子とアン」や、映画「ライク・サムワン・イン・ラブ」などで注目を集めた高梨。自身と美沙の共通点を問われ「作品に入っている時は、時間に追われてプライベートの時間もほぼなくなりますし、必死なので、そういう面では似ている環境で仕事をしているのかな」といい、「また、仕事を終えて帰宅するや否や、ゴローンとソファーに行くあたりはそっくりです(笑)」と話す。そしてドラマの見どころを「恋でも仕事でも、頑張っている女性を応援できるようなドラマになればいいなと思っています。男性の方には、こういう恋ヘタ女子の事を知ってもらって、もっと女心を知ってもらえたらいいな」とアピールしている。

 高梨演じる美沙だけでなく、登場人物全員が恋に不器用という点も今作の特徴だ。田中圭が、ニューヨーク帰りの天才営業マンだが積極的すぎるアプローチで美沙を戸惑わせる雄島佳介役に。さらに土村芳が婚約者の浮気を目撃してしまう受付嬢・榎田千尋役、淵上泰史が「女は体の関係だけでOK」と考えている同僚・橋本司役で出演している。

 ドラマ「恋がヘタでも生きてます」は、4月6日から読売テレビ・日本テレビ系で毎週木曜午後11時59分放送。