ニューヨークで行列のできる、ほぼホームメイドクッキー「生地」やさん

写真拡大

おいしいものは、行列に多少並んだって、買いたいと思うもの。ニューヨークでいま行列のできる話題の店といえば、ホームメイドのクッキーではなく、その「生地」が買える店なんです。
アツアツの焼きたて「ほぼ」ホームメイド
お店の名前は、「Do(ドー)」。Doという自分で焼くの意味のあるDoと、生地という意味のあるDoughの頭文字をとってつけられました。カップに入って売られている生地は、まるでアイスクリームさながら。人々は生のクッキー生地をいそいそと買い、家に帰ってオーブンで焼いて楽しみます。大きさも形も、想いのまま。特に人気なのが、大きめのクッキーを焼き、粗熱をとった後、真ん中にアイスクリームをたっぷりはさんで「アイスサンドイッチ」として楽しむのが流行っているようです。

DŌ, Cookie Dough Confections™さん(@cookiedonyc)がシェアした投稿 - 2017 2月 11 1:57午後 PST

地元で大ニュース。今、行列の絶えない店

DŌ, Cookie Dough Confections™さん(@cookiedonyc)がシェアした投稿 - 2017 2月 12 2:11午後 PST

こんな感じで買って帰れます。後は焼くだけ! 楽しみ

DŌ, Cookie Dough Confections™さん(@cookiedonyc)がシェアした投稿 - 2017 1月 24 7:30午前 PST

あたたかい部屋にこもって、冷たいアイスにかぶりつく至福のとき

DŌ, Cookie Dough Confections™さん(@cookiedonyc)がシェアした投稿 - 2016 11月 14 9:21午前 PST

メッセージ入りのギフト・カップでもらったら、きっと気持ちが伝わる
衛生面もバッチリ
火を通さない生地といえば衛生面も気になりますが、その心配はご無用。小麦粉は熱処理してあり、卵は細菌処理しているため、安全でかつおいしいクッキーのオリジナルレシピを自宅で楽しめるのです。「ほぼ」ホームメイドで、有名店の味をアツアツでいただくことができるすぐれた魅力。種類は全部で16種類あるので、何種類も買って、試してみたくなります。台所を汚すことなく、あっという間にデザートとして楽しめるため、おもてなしのときにもぴったりです。
[Do(ドー)]
image via Shutterstock