実際に宅配される車のデザイン。(画像:日産自動車発表資料より)

写真拡大

 Amazonがまた意表をつく戦略を仕掛けてきた。発表によると、プライム会員向けサービス「Prime Now」の一環として、日産の「ノート e-POWER」の試乗車を、最短で選択お届け時間から1時間以内に配達するという。

 ただし、「呼べばいつでも車を届けに来るサービスが始まる」というわけでは、さすがにない。まず、期間限定である。具体的には、2月24〜26日、3月3日〜5日、3月10〜12日、以上の9日間に限定される。また、対象となるエリアも、神奈川県横浜市および、川崎市の一部エリアだけである。今後のサービス拡大についての情報は現状とくに発表されておらず、おそらくは試験的な導入なのであろうと考えられる。

 もう少し、実際の実施内容について説明しておこう。お届け時間帯は、各日の10〜12:00、12:00〜14:00、14:00〜16:00、16:00〜18:00、18:00〜20:00のいずれか、となる。

 具体的な対象エリアは、横浜市の11の区、西区・神奈川区・港北区・中区の全域、都筑区・緑区・鶴見区、南区、磯子区、保土カ谷区、旭区の一部、ならびに川崎市の川崎区・幸区の一部である。

 注文には、iOSもしくはAndroidの、Prime Now専用アプリが必要となる。同アプリをダウンロードの上、宅配試乗のバナーをクリックし、日時などを入力していく。料金は一切無料である。

 実際に注文すると、ミニカタログが届けられ、それと一緒に車がやってくる。その場で試乗が可能である。なお、車両説明員が随伴し試乗コースを誘導されるので、好きにどこへでも乗り回せるというわけではない。

 さて。Amazonがもはやただの本屋ではないというのは今に始まったことではないが、それにしても何とも未来感のある企画である。将来的には、車の試乗体験をインターネットで注文する、というのが普通のことになっていくのであろうか。