付き合ったらかなり面倒かも!「支配したがる男」を見抜くポイント

写真拡大



女性を支配しようとする考えが強い男性は、恋人にしてしまうとかなり面倒なことになりがち。

付き合う前にちゃんと見抜いておかないと、後々になって苦労するはめになってしまうかもしれません。

そこで今回は、「支配したがる男」を見抜くポイントを紹介します。

■1.「他の男の存在」を把握したがる

「私の周りにいる男性の存在を全て知ろうとしてくる人は、うっとうしいなって思います。職場の男性全員のことを知ろうとしてきたときは、イライラしましたね」(26歳/女性/美容師)

あなたの周りにいる男性の存在を、なんとかして把握しようとする男性。これはかなり危険なタイプだと言えるでしょう。好きな女性の男性関係を知りたくなる気持ちはわかりますが、ただの職場の同僚や取引先の男性などの存在まで気にするのはちょっと異常かも。度が過ぎる詮索をするような人には、ちょっと気をつけた方がいいでしょう。

■2.すぐに「疑い」をかけてくる

「『昨日○○と飲みに行ってたでしょ?』とか、疑いばかりをかけてくる男性は、危険な感じがしちゃいますね。束縛とかもしてきそうなので、彼氏にはしたくないです」(31歳/女性/販売)

「男といたんじゃないのか?」とか「あいつのことが好きなんだろ?」など、常に疑いばかりをかけてくる男性は支配欲や独占欲が強い証拠。女性が自分の思い通りにならないと気が済まないタイプなので、付き合ったら束縛も激しくなるかも。そもそも自分のことを信用してくれないような男性は、一緒にいても嫌な気持ちになることが多いですよ。

■3.「他の男の悪口」ばかり言ってくる

「私の身近にいる男性たちの悪口ばかりを言ってくる男。そうやって他の男性から遠ざけようとしているのかもしれないけど、なんか逆効果にしかならないですね」(28歳/女性/不動産)

好きな女性の前で、「他の男性の悪口」をよく言う男性って、意外と多いです。自分以外の他の男性を好きにならないように、必死に評価を落としているのかもしれません。でも、他の男性を一切近づけないようにするというのは、支配欲が強い表れでもあります。他人を蹴落として自分がのし上がろうとする姿も、あまり感心できるものではありませんから、近づかないほうがいいかも。

■4.ちょっとしたことで「嫉妬」する

「やっぱり嫉妬心が強すぎる男性は、ちょっと嫌ですね。私のことを思ってくれている証拠なのかもしれないけど、すぐ不機嫌になられたりすると、うんざりしちゃいます」(27歳/女性/IT)

「嫉妬」は好きだからこそ起こるもの。でも、あまりにも嫉妬心が強すぎると、一緒にいても息苦しくなってしまうだけ。他の男性と仲良く話したり、ちょっと親しげにしただけで、スネたり不機嫌になったりする男性は、付き合ってしまうと面倒かも。嫉妬のあまり怒り出したりするような男性は、危険度もかなり増すので、深入りはしない方がいいですね。

■おわりに

支配欲が強すぎる男性は、恋人にしてしまうと女性が苦労する可能性が高いです。あなたへの思いやりのある愛情を見せてくれる男性こそが、理想の相手だと言えるでしょう。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)