家禽肉の供給不足に懸念  鳥インフルへの対応策実施で/台湾

写真拡大 (全2枚)

(台北 17日 中央社)鳥インフルエンザの感染拡大を防ごうと、政府の対策本部は16日、17日から24日までの期間中、台湾全土で家禽の解体と移動を禁止するとの対応策をまとめた。違法な家禽肉を取り扱い、かつ検査で不合格となった場合、6万〜2億台湾元(約22万円〜7.33億円)の罰金が科される。

台湾では今月上旬、東部・花蓮県内で見つかったアヒルのヒナの死骸から、高病原性鳥インフルエンザウイルス「H5N6型」が初めて検出された。その後、嘉義や台南などでも同型ウイルスが確認されたため、感染の拡大を予防する関連措置が取られている。

このことから一部の市場では、放し飼いの鶏肉を買い求める市民が急増し、鶏肉の供給不足が懸念されている。

(楊淑閔、魯鋼駿/編集:荘麗玲)