17日、中国のポータルサイト・今日頭条が、わずか0.2秒で通訳してくれる音声翻訳デバイスがリリースされたと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2017年2月17日、中国のポータルサイト・今日頭条が、わずか0.2秒で通訳してくれる音声翻訳デバイスがリリースされたと伝えた。

これは、株式会社ログバーがリリースした「ili(イリー)」で、この翻訳デバイスの大きな特徴は、インターネット接続の必要なく使用できることだ。現在、日本語、英語、中国語の3種類の言語に対応している。

記事は、この翻訳デバイスは小型ボイスレコーダーほどの大きさしかないが、PR動画では英語から日本語に翻訳しており、実際にこの翻訳デバイスを使って会話をした人の多くが高く評価していると紹介した。

iliは、わずか0.2秒で翻訳することができ、4月から東京メトロ、イオンモール、ビジョンが導入しサービスを開始し、7月には米国での販売も予定しているという。

このニュースに対し、中国のネットユーザーからは、「日本の科学技術は世界一だ」、「初めて日本にいいねを送りたいと思った」など、日本の技術力を称賛するコメントが多く寄せられた。

また、「日本は中国語をこの中に入れたのか。中国が大国になったんだと実感した」と、中国語に対応していることをうれしく思ったユーザーもいた。

他には「通訳の人は仕事がなくなるな」、「俺の3年間の日本語学習が無駄になった」などのコメントもあったが、いずれにしても来日する外国人にとっては非常に便利なツールであることに違いない。(翻訳・編集/山中)