3度目の出場で初となる決勝Rへの切符を掴み取った横峯さくら(提供:大会事務局)

写真拡大

<ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン 2日目◇17日◇ロイヤル・アデレードGC(6,681ヤード・73)>
米国女子ツアー「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」でこれまで2度予選落ちを喫している横峯さくらが、トータル1アンダー・48位タイで予選突破した。
私服姿も充実!横峯さくら特選フォトギャラリー
3度目の正直だ。「後半に入ってすごく強かったかなという感じ。フォロー、アゲインストの風が交互に来る感じでした」と苦しいコンディションとなった午後組。それでも4バーディ・4ボギーとスコアを崩さずの18ホールを乗り切った。
だが、当の本人はまだまだ満足できていない様子。「強い風のときにタイミングが早くなってしまうというのが私自身の課題。(やりたいことができたのは)今日は3分の2ぐらいですね」と納得はできない。グリーン上も不満のようで「ショットも良くはないですけど(パッティングよりは)まだ良かった」と首を傾げた。
「自分自身しっかり今出来ることをやっていくだけだと思う。昨日より今日、今日より明日と。100%はゴルフでは難しいので、しっかりバランス良くやっていければいいと思います」と明日からも環境に惑わされず目の前に集中していく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

リーダーボードで詳しい順位をチェック!
米参戦後初の予選突破を果たした畑岡奈紗 次なる目標は?
小宮満莉花、「家が建つくらい」の援助をしてくれた祖父に優勝で恩返し
石川遼がロフト64度のウェッジをバッグに入れた理由とは?
秘蔵オフショット写真続々追加!女子プロ写真館