森羅万象の声を聴く「鼓動」が開催中

写真拡大

株式会社ケンコー・トキナー本社のKT中野ビル2F サービスショップ内にあるミニギャラリーにて、2月14日(火)〜3月15日(水)の間、写真家・臼井俊弘氏による写真展 森羅万象の声を聴く「鼓動」が開催中。このミニギャラリーでは随時写真展を開催しており、今回はその第九弾だ。

【写真を見る】写真から聞こえてきそうな自然の”声”に耳を傾けてみては?

臼井俊弘(うすいとしひろ)氏は、1954年長野県飯田市生まれ。東京でデザインを学び、1978年に帰郷。1979年に企画・デザイン会社を設立。主に広告宣伝の企画デザイン・商品撮影・ポートレート・ブライダル撮影を行い、2011年にフォトコミュニティー「写真刊」を創刊。

風景写真を主に三河湾、中部圏の滝・渓谷をフィールドに撮影を続けている臼井俊弘氏。今まで撮りだめてきた自然写真の中から、選りすぐりの写真23点が展示されている。今にも自然の“声”が聞こえてきそうな迫力の写真は必見だ!【ウォーカープラス編集部/水島彩恵】