Doctors Me(ドクターズミー)- 妊娠後期のエッチは問題なし!? 妊婦さんが注意する5つのこと

写真拡大 (全7枚)

お腹が大きく目立ってくる妊娠後期に、性行為をしても大丈夫かどうか気になっている方も多いのでは。

妊娠中の性行為に関して、妊婦さんはもちろん、パートナーの方もどのようなことに注意をすれば良いのでしょうか。

今回は妊娠後期の性行為について、リスクや注意すべき点、パートナーが心がけるべきことを医師に解説していただきました。

妊娠後期に性行為はしても大丈夫?


妊娠しているときの性行為自体は、基本的に問題はありません。

妊娠後期の性行為の疾患リスク


出血


性行為の刺激によって、妊娠によって子宮口などが出血しやすくなる場合が考えられます。

お腹のハリを感じたり、胎動を感じにくくなる


性器の充血などによってオーガズム後にお腹のハリや、胎動を感じにくくなる徴候がみられることもあります。

妊娠後期に性行為をしてはいけない妊婦さんの状態


■ 出血がみられる
■ 切迫流産、早産などの徴候がある
■ 過去に流産や多胎出産の経験がある
■ 前置胎盤などを指摘されている
■ 気分が優れない
■ 性行為するような気持ちになれない

上記のような状態や、他に心配点がある場合は、正直にパートナーにその旨を伝えるようにしてください。

判断に迷うときは、恥ずかしがらずに産科の主治医の先生に性行為の可否について確認してみるようにするのが良いでしょう。

妊娠後期の性行為で注意すること


妊娠が安定しているか


妊娠中の性行為は、妊娠が安定していて、主治医から止められていない場合にのみ行うようにしましょう。

激しい動きを避ける


妊娠中の体はデリケートですから、あまり長時間に及ばないようにし、穏やかに楽しむようにするとよいです。

お腹に負担がかからない姿勢を心がける


行為中の体位をお腹に負担のかからないものにするなど、お腹を圧迫しない姿勢をとるようにすることが大切です。

避妊具を付ける


感染症の予防に非常に大切なので、必ずパートナーは避妊具の着用をするようにしてください。

体調がよくないときは控える


当然のことではありますが、最初から体調の悪い日はしない、途中であってもお腹などに違和感を感じたときは性行為をやめるようにするといった心がけが重要です。

妊娠後期の性行為でパートナーが心がけるべきこと


妊娠後期に限らず、妊娠中の性行為ではとにかく激しい行為や無理な体勢はとらず、カップルのコミュニケーションの一環としてゆったり、穏やかに行う必要があります。

出血などに気をつけ、相手が妊娠中であることを片時も忘れないように注意深く行うようにし、性行為時には必ず避妊具の着用を忘れないようにしてください。

最後に医師から一言


なかなか人には聞けない妊娠中の性行為に関することですが、現在は妊娠が安定さえしていれば性行為自体はタブーではないと考えられています。

ただ、やはり非妊娠時とは異なることは常に念頭に置いて安全に性行為を行いたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)