まだ子どもに多いインフルエンザ

写真拡大

国立感染症研究所は2017年2月17日、第6週(2月6日〜2月12日)のインフルエンザの流行状況を発表した。定点当たり患者報告数は警報レベルの30人を下回る28.57人となり、前週の報告数38.14人よりも減少した。

前週の報告数よりも増加がみられたのは1県だけで、46都道府県で軒並み減少した。これで1月下旬の週をピークに2週連続で減少傾向となり、流行が落ち着いてきたとみられる。

高知、福岡、鹿児島の南国で依然として猛威

都道府県別では高知県(41.63人)がトップで、続いて福岡県(39.77人)、大分県(38.55人)、鹿児島県(38.31人)、愛知県(38.03人)、宮崎県(36.64人)、山口県(36.15人)、長野県(35.47人)、埼玉県(35.14人)、福井県(35.06人)、石川県(35.02人)、長崎県(31.94人)、千葉県(31.85人)、佐賀県(31.79人)、青森県(30.18人)、山梨県(28.71人)、静岡県(28.66人)などの順となっている。

この1週間に受診した患者数を推計すると約151万人となり、前週の約199万人よりも減少した。年齢別では、5〜9歳が約26万人、10〜14歳が約20万人人、0〜4歳が約17万人と子どもが多い。40代が約16万人、30代が約15万人、70歳以上が約14万人、50代が約12万人、20代が約11万人、15〜19歳、60代がそれぞれ約10万人となっている。また、2016年の流行の始まりから累計の患者数は約1098万人となった。