(写真:gettyimages)

写真拡大

17日放送の「ノンストップ!」(フジテレビ系)で、誕生日のSNS対策に非難の声が相次いだ。

番組では、誕生日パーティーの様子をSNSにあげるために、代理友達のサービスを利用した30代男性が紹介された。男性は代理友達を10人、男女5人ずつに依頼。パーティーは、東京・六本木のリッチなホテルで食事のフルコースを食べ、その後は目隠しで連れて行かれた先で、サプライズが待っているという。

しかし、サプライズも何もかも「自分で考えた自作自演」。費用は約30万円かかったそうだ。ここまでする理由は「寂しいやつだと思われているのが悔しい」「僕にも誕生日を祝ってくれる友だちがいる」ことをアピールしたかったから。

その結果、SNSでは、たくさんの「いいね」や「すごいね」のコメントがあり、それに男性は「いや〜それほどでも〜」などと返したそうだ。

この男性に対して、千秋は「お金ですませて、みんなに見せて…虚しくないのかなって」「(心から祝っている人が)本当はひとりもいないんですよ?」と否定的な意見。カンニング竹山も「正直言うと、お前バカかって」「バイトで来てる人は『こいつ寂しい人だな。全部自作自演だぜ』と思いながらやってる」と非難轟々だ。

ここで竹山は「誰も祝ってくれる人いない」「寂しい」とSNSにあげたほうがまだ良いと意見した。これに他の出演者が同意しかねていると、司会の設楽統が「間違いなく心に残る誕生日にはなった」といい、笑いと悲鳴が上がっていた。

【関連記事】
指原莉乃 スタバ女子にありがちな大嫌いな行動「豆乳でカスタマイズ」
SHELLYがSNSで彼氏自慢する女性に辛口「バカだなって思う」
渡辺麻友が中居正広のツッコミに反論 AKB48内に友だちはいないと言われ