集中力がカギと考える浦和FW武藤雄樹「完璧なゲームをしないと勝てない」《FUJI XEROX SUPER CUP 2017》

写真拡大

▽17日、18日に行われるFUJI XEROX SUPER CUP 2017の鹿島アントラーズvs浦和レッズを前に前日合同記者会見が行われた。

▽2016シーズンの明治安田生命J1リーグ王者であり、天皇杯王者でもある鹿島と、2016シーズンのJ1リーグで年間勝ち点1位の浦和が対戦するFUJI XEROX SUPER CUP 2017。会見に出席した浦和のFW武藤雄樹がコメント。集中力がカギを握ると語った。

◆FW武藤雄樹(浦和レッズ)

「今年最初の公式戦ですし、ここから続くACL、Jリーグの戦いに向けて、流れに乗るためにも大事な一戦になると思います。鹿島アントラーズ相手には、去年最後に悔しい思いをさせられました。そのチームに勝つことで大きな自信になって今年一年戦えると思うので、明日は全力を尽くして戦いたいと思います」

──鹿島アントラーズの印象、そして勝負を分けるポイントは

「鹿島アントラーズは歴史を見ても、チャンピオンシップや天皇杯を見ても勝負強さがあるチームだと思います。いつも浦和レッズがボールを支配していますが、我慢のできるチームですし、仕留めることができるチームです」

「僕たちは勝負の分かれ目として、集中を常に90分間保って、一瞬の隙を見せないで完璧なゲームをしないと勝てないと思っています。明日の試合は公式戦最初ですが、自分たちが持っているものを100%出せればと思います」