新シーズン最初のタイトル獲得を誓う鹿島・石井正忠監督「しっかりタイトルを積み重ねたい」《FUJI XEROX SUPER CUP 2017》

写真拡大

▽17日、18日に行われるFUJI XEROX SUPER CUP 2017の鹿島アントラーズvs浦和レッズを前に前日合同記者会見が行われた。

▽2016シーズンの明治安田生命J1リーグ王者であり、天皇杯王者でもある鹿島と、2016シーズンのJ1リーグで年間勝ち点1位の浦和が対戦するFUJI XEROX SUPER CUP 2017。会見に出席した鹿島の石井正忠監督がコメント。新シーズン最初のタイトル獲得を誓った。

◆石井正忠監督(鹿島アントラーズ)

「ゼロックス・スーパーカップは、昨年のJリーグ優勝チーム、天皇杯の優勝チームが出られる大会です、この大会に出られるということは、昨シーズン成果を出せたチームが出ている大会です。この大会に出られたことを嬉しく思います」

「この大会、私たちのクラブは数多く出場していますが、5回優勝し、同じぐらいの数、決勝で敗れています。今年に関しては、クラブとしてしっかりタイトルを積み重ねたいと思ってやっていきます」

──キャンプを終えての手応え、今年はどんなサッカーを見せたいか

「シーズンに入るときに、今までと違ってトレーニングする時間があまりなく、いきなりゲームをするという調整をしてきました。そんな中、新加入選手とのコンビネーションの部分や戦術の理解、チームのコンディションを上げていくという非常に難しいシーズン前の準備でした。思っていたよりは順調にいっていると思います。コンディション面、新加入選手のチームへの溶け込み方、慣れも思っていたよりは早くできています。そういった点では期待しています。良い形で試合は行えると思います」