この日“68”!米ツアー参戦後初の決勝Rに進んだ畑岡奈紗(提供:大会事務局)

写真拡大

<ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン 2日目◇17日◇ロイヤル・アデレードGC(6,681ヤード・73)>
米国女子ツアー「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」の2日目。畑岡奈紗がイーグルを奪うなどスコアを5つ伸ばし、トータル4アンダーでフィニッシュ。米本格参戦2戦目にして初となる予選突破を決めた。
【関連動画】初日のハイライトも!LPGA動画はこちらから
INから出た畑岡は、11番で6mのバーディパットを決めると17番パー5では2オンに成功、さらに6ヤードのパットを決めてイーグルを奪取する。18番でもスコアを伸ばして折り返すと、バックナインでもスコアを1つ伸ばしてホールアウト。20位タイで決勝へと駒を進めた。
2日間を振り返り「目標の予選通過を果たせて良かったです」と畑岡。「1つ1つ丁寧にチャンスをものにしていければと意識してプレーしました。昨日よりもショットが良くてチャンスをたくさん作れた」と笑顔を見せた。
好位置で予選突破となれば、目標は当然上方修正。「トップ10、トップ5と狙っていきたいです。気持ちを新たに引き締めて、残り2日間を頑張りたい」と気合いを入れなおした。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

詳しい順位はリーダーボードでチェック!
グアムでは歓喜の初優勝!最終日の様子はライブフォトで!
「手が震えて…(笑)」小宮満莉花がプレーオフ制し、歓喜の初優勝!
D・ジョンソン、J・デイの飛距離が手に入るツアーボール
秘蔵オフショット写真続々追加!女子プロ写真館