写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ASUSTeK Computerは17日、「ROG(Republic of Gamers)」ブランドのZ270マザーボード「ROG MAXIMUS IX APEX」の国内販売を発表した。2月24日に発売し、店頭予想価格は税込43,000円前後。

オーバークロッカー向けに特化したマザーボード。メモリスロットを4本から2本に減らし、配線の最適化とノイズを低減することで信号品質が向上。これにより、高クロック対応メモリを使用した場合、DDR4-4266での動作を実現するという。電源回路にはROGシリーズ用に設計された「Extreme Engine Digi+」を搭載。LN2(液体窒素)を使用した極冷にも耐えられるコンポーネントを採用する。

また、メモリスロットと同形状の独自スロットを搭載し、拡張カード「DIMM.2」を挿すことで、M.2ストレージを最大2基増設できる。インタフェースは「DIMM.2」の表側がPCI Express 3.0 x4およびSATA接続、裏側がPCI Express 3.0 x4接続。市販のメモリ用ファンの取り付けにも対応し、M.2ストレージを冷却することができる。