北京大興区で北京110kV張華変電所のコンクリート打ちが16日午前に完了し、主体鉄筋構造の施工に入った。これにより北京新空港電力網建設工事が全面的にスタートした。

写真拡大

北京大興区で北京110kV張華変電所のコンクリート打ちが16日午前に完了し、主体鉄筋構造の施工に入った。これにより北京新空港電力網建設工事が全面的にスタートした。科技日報が伝えた。

国家電網北京電力が発表した情報によると、北京地区クリーン大気行動計画に基づき、新空港電力網の計画当初から同地区でクリーンエネルギー給電の実施が決められていた。第13次五カ年計画期間(2016−20年)において「北京西特高圧−新航城」と「房山−南蔡」という2本の500kV送電線を建設し、新空港外周の「1横1縦」受電線網を形成する。受電能力を600万kWに増やし、特高圧電力網により遠方のクリーン電力を北京南部電力網に輸送する。完成後、北京新空港地区はクリーンエネルギー電力の使用を徐々に開始する。

また、北京新空港エリア内の駐車場で、高出力クイック充電機能を持つEV充電スポットを建設し、充電スポットの北京全空港のカバーを実現する。(提供/人民網日本語版・編集/YF)