写真提供:マイナビニュース

写真拡大

コーレルは17日、ビデオ編集ソフトウェア「VideoStudio」の最新バージョンとなる、「VideoStudio Pro X10」の販売を開始した。パッケージ版の税別価格は14,800円で、ダウンロード版は12,800円。上位版「VideoStudio Ultimate X10」はパッケージ版の税別価格が19,800円で、ダウンロード版が16,800円。対応OSはWindows 7 / 8 / 8.1 / 10。

「VideoStudio」シリーズは、ビデオカメラなどからの素材取り込みや動画の編集機能、ディスクへの書き出し、インターネットへの公開機能などを備えた、ビデオ編集ソフト。

最新版の「VideoStudio Pro X10」では、複数のクリップを同時に表示するほか、クリップのレイヤー化、トラックの不透明度の調整をタイムラインから設定できるようになっている。また、再生スピードの調整や、逆再生などを手軽に設定できる「タイムリマップ機能」や、360度ビデオを自由な角度でトリミングし標準ビデオに変換するといった新機能を搭載する。

また、上位版の「VideoStudio Ultimate X10」では上記の機能に加え、マスク設定されたクリップにエフェクトをかける「マスククリエイター」機能や、3種類のプレミアムエフェクトを搭載する。

このほか、PC画面録画ソフト「ライブ画面キャプチャ」やスライドショー作成ソフト「FastFlickムービーメーカー」、ディスクオーサリングソフト「VideoStudio MyDVD」が付属する。

(柴田尚)