MONSTA X ウォノ、専門家の言葉に涙を流す「『誰か僕を抱きしめて欲しい』という寂しさがあった」

写真拡大

MONSTA Xのウォノが涙を見せた。

16日午後に韓国で放送されたJTBC2「MONSTA X-RAY」では、MONSTA Xがこれまで行った放送の回ごとに心理状態を調べる様子が描かれた。

この日キム・ドンチョル専門家は、ウォノを“ジャンヌ・ダルク型”と紹介した。ボランティア活動に興味が高いという。これにヒョンウォンは「活動中の合間にも、奉仕をしに行っている」と述べた。

ウォノは先日、幼稚園で一日先生特集を行い子供たちと楽しく遊ぶ姿を見せた。

キム・ドンチョル専門家は、「このような活動をしながら心理が安定して行くことを“テレサ効果”という」とし「“誰か僕を抱きしめて欲しい”という寂しさがあったのだ。子供たちに自分の姿を投影させていたのかもしれない」と説明した。

これを聞いたウォノは突然涙を流した。彼は「ここが痛い」と胸に手を当てた。ウォノの姿にメンバーたちは戸惑いながらも同情した。