平和な世界の裏側で、世界的な問題として取り上げられている「性的搾取」。幼い子どもたちが売春の対象とされ、レイプされ、そこから利益を得る人がいる…。そんな深刻な事実に着目し、これ以上の犠牲者を防ごうと熱意を注ぐのが、俳優のアシュトン・カッチャー。

キャメロン・ディアスと共演した「べガスの恋に勝つルール」や「スティーブ・ジョブズ」ではスティーブ・ジョブズ本人を演じたことでも知られる人気俳優だ。

アシュトンは2児の父親でもあり、同時に世界中にはびこる「児童の性的搾取」を撲滅させるためのテクノロジー開発をする組織『スローン(Thron)』の共同創設者としても活躍している。

残酷な事実と罪のない被害者を救うため、アシュトンは現地時間の今週水曜日、アメリカ合衆国上院外交委員会に涙ながらに訴えた

私が今日ここにいるのは、「幸せ」の権利を主張するためです。幸せを願うのは、簡単なこと。米国民1人ひとりに願う権利があり、他の人にも、世界中のどの人々にも、幸せの権利は与えられるべきだと、私は思っています。しかし現実は残酷なもので、その願望が「レイプ」や「虐待」などによって奪われてしまう…言い換えれば、他人の瞬間的な幸せに売買されてしまうのです。
私の『スローン』共同創立者としての使命は、児童を性的搾取から救うためにソフトウェアを開発することです。私には、生後2カ月の息子と2歳になる娘がいますが、私の子供と同じ歳の幼い児童が、アメリカ人にレイプされる動画を見たことがあります。場所は、カンボジアにある、売春地区でのこと。その幼い少女は、男性に性行為を犯されることが"普通"だと、教えられてきた環境にいたのです。
また、7歳になる少女の性的虐待事件では「犯人が捕まらないから助けてくれ」と、我々にアメリカ合衆国の国土安全保障省から連絡を受けました。インターネット上で、その子の性的虐待の無様な様子が、3年間にも渡って公開されてきたのです…。

政府が対応しきれないほど問題が深刻化する一方で「『スローン』から開発されたテクノロジーで、児童の性的搾取からの救助が活発化してきている」というのも事実。

「インターネットのルートを通じて人身売買の犠牲となってしまった、オクラホマ州出身の15歳になる少女が、3日以内にご家族のもとへ生還した」という素晴らしいエピソードを伝えたアシュトンは、世界を改善の方向に導くべく、更に進化したシステムが必要だと救済を訴えた。

最後に、アシュトンはこのようなメッセージを残した。

男は「幸せ」を寛大さとその目的を通じて得るものであって、はじめから与えられるべきものではない。しかし男性1人ひとりが、「幸せ」願う権利はもちろんある。人々の幸せを願うことができれば、恩返しに自分自身への幸せも見つけることができるはずだ。

■スピーチの全編はこちら

アシュトンの力強く、子だちを守ろうとする姿勢に拍手を送るとともに、1日でも早く、世界からこのような被害がなくなるよう、彼のメッセージが少しでも多くの人に届くことを願うばかり。