ピース・又吉直樹【写真:鶴見菜美子】

写真拡大

 17日放送の『バイキング』に梅沢富美男が出演。作家としても活躍するピース・又吉直樹について言及した。

 この日同番組では、又吉が芥川賞を受賞を受賞したベストセラー『火花』に続く長編小説第2作として、自身初の恋愛小説『劇場』を文芸誌『新潮』で連載スタートすることを取り上げた。しかし「自身の恋愛感を反映させた」という作品の紹介に、坂上忍や雨上がり決死隊・宮迫博之が「あの人、恋愛経験豊富でしたっけ?」と疑問を投げかけるところから又吉へのコメントがスタート。

 一方『火花』が映画化されることもあり坂上は感心した様子で「すごいですね!」と番組のご意見番・梅沢富美男に話を振り、梅沢も「たいしたもんだよな〜」と頷いたが、すぐさま「漫才とかはおもしろくなかったけど」と一言。スタジオが「おもしろいですよ!」と口々にフォローしたものの梅沢は、ピースというコンビそのものがおもしろくないので「俺笑ったことねーから」とさらり。スタジオのフォローを交わしてしまう一幕があった。