写真提供:マイナビニュース

写真拡大

博報堂は、生活者の無意識・潜在意識をデザイン開発に活用するプログラム「Sensory Research/Sensory Design with DPU(デザイン心理学研究所)」を千葉大学発ベンチャー企業のBBSTONEデザイン心理学研究所(以下、BBSTONE)と共同で開発、提供を開始したと発表した。

人間の意思決定の95%は「無意識」で行われると言われており、デザインに対する「直感・第一印象・分かりやすさ・使いやすさ」など主観的なものの測定は難しいとされている。同プログラムは、これまで意識・言語による調査で測定されてきたデザインの評価を、千葉大学工学部日比野治雄教授が開発したデザイン心理学に基づいて、直感・感性等非言語によって行うもの。またその結果を認知心理学・人間工学の知見に基づいて解釈し、デザインの方向性を診断、それを反映したクリエイティブ開発を行うという。

同プログラムでは、博報堂のデザイナーや各専門領域のプランナーが、BBSTONEの専門領域である認知心理学・人間工学の知見を取り入れたデザインのプロトタイプ開発を行う。生活者の潜在意識・深層心理を捉える、機能性(使いやすさ、わかりやすさ)と感性(印象に残りやすさ、好き嫌い)を兼ねあわせたデザインは、プロダクトデザイン、パッケージデザイン、各種インターフェースデザイン(UI/UX)、Webデザイン、空間デザインなど幅広い領域に対応可能としている。

また、BBSTONEが所有するデザイン心理学の手法を用いて、開発したプロトタイプを対象の、ぱっと見た「第一印象」、「直感的な好き嫌い」といったデザインへの主観的評価を行う。評価手法は、アイトラッキングを用いた見やすさの数値化、第一印象の数値化、官能主観評価と視線解析、潜在意識分析などの生体反応を測定して数値化するほか、心理テストや、心理学をベースにしたアンケートのデータを組み合わせることで、クリエイティブの評価を行い、デザインについての意思決定を支援する。なお、この評価手法は、既存デザインも対応可能となっている。

(シマダマヨ)