養命酒製造の「高麗人参酒」

写真拡大

養命酒製造(本社・東京都渋谷区)は3種の高麗人参と12種のハーブを配合した「高麗人参酒」を2017年3月1日に発売する。

発表によると、「健康なお酒」でありつつ、特許製法で飲みやすい口当たりに仕上げている。

アルコール15度、ストレートでもお湯割りでも

滋養強壮に良いとされる高麗人参は、乾燥高麗人参、蒸し高麗人参、エゾウコギの3種類。これらにナツメ、クコの実、チンピ、ガラナ、リュウガン、ナルコユリ、ブラックペッパー、カルダモン、カンカニクジュヨウ、甜杏仁、マカ、霊芝と計12種類のハーブを配合した。

特許製法により高麗人参の風味を保ち、リンゴ果汁と黒糖蜜で甘味を加えた。アルコール度数15度のリキュールで、ストレート、ロック、熱燗(かん)、お湯割り、ソーダ割りと幅広く楽しめる。