日米韓は16日(日本時間17日未明)、20カ国・地域(G20)外相会合の行われているドイツ・ボンで3カ国外相会談を開き、北朝鮮の核兵器開発を巡り「完全で検証可能かつ不可逆的な核廃棄(CVID)」を推進するなどとした共同声明を発表した。

韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相、米国のティラーソン国務長官、日本の岸田文雄外相が出席した。

声明は「北朝鮮は禁止されている核・弾道ミサイルを完全で検証可能かつ不可逆的な形で放棄しなければならず、域内の安定維持のための措置として、国連安全保障理事会決議の全ての条項を順守すべきだ」と強調。「北朝鮮の安保理制裁違反行為は国際社会のさらに強力な対応に直面する」と警告した。

CVIDは米ブッシュ政権の1期目(2001〜05年)に打ち出されたもので、北朝鮮が「敗戦国に強要する屈辱的なもの」と反発した経緯がある。

3カ国外相会談が開かれるのは昨年9月以来で、トランプ政権発足後は初めて。