ファヨン&シン・ジェハ主演ウェブドラマ「手の痕跡」27日から放送開始…2人の共演に“高まる期待”

写真拡大

シン・ジェハ、ファヨン主演の「手の痕跡」がベールを脱ぐ。

17日、ウェブドラマ「手の痕跡」側は「シーズン1が今月27日、NAVER『TVCAST』とグローバルTVサイト『VIKI』にて放送スタートする」と明かした。

「手の痕跡」は他人のメッセージが覗けるアプリケーションを手に入れたことで繰り広げられる物語を描く。それぞれ異なるストーリーの3つのシーズンが順に公開される予定だ。まず、ファヨンとシン・ジェハが主演を務めた「手の痕跡」シーズン1が今月27日から放送スタートする。

「手の痕跡」シーズン1は、他人のメッセージを覗けるアプリケーションを獲得した復学生の波乱万丈な大学生活と、危険な片思いを描いたキャンパスロマンススリラーだ。NAVERで連載された同名の人気ウェブ漫画を原作にし、シン・ジェハは恋愛経験ゼロの復学生キム・ホンシク役を、ファヨンは男性たちの憧れ“工科大学の女神”チャン・ミニョン役を演じた。二人のスターの出会いに注目が集まる。共感度100%のキャンパスライフを見せてくれると期待を集める。

「手の痕跡」は毎週月、木曜日に1話ずつ公開され、全17話が公開される予定だ。