キャンピングカーの祭典で小さいながらも大きな注目を集めていたのが、四輪ミニカーの「next cruiser(ネクストクルーザー)」。出展したのは軽キャンパーの「ネクストキャンパー」を仕立てている名古屋市のブレイズ。

1

四輪ミニカーの「ネクストクルーザー」は、スーパーカブの49ccエンジンを搭載。前進3段、後進1段のセミオートマでクラッチペダルレスの2ペダルですから、AT限定免許でも運転できます。

 

登録はミニカー登録(水色ナンバー)で、車検や車庫証明はもちろん不要、取得税や重量税もかかりません。最高速は50km/h、燃費は同社調べで27km/Lほどだそうで、満タンで80km〜100kmの走行が可能としています。

この四輪ミニカー「ネクストクルーザー」は中国で生産されていますが、同社のスタッフが常駐し、出荷まで検品を徹底。さらに日本で組立、整備、フルメンテナンスを行い、バッテリー(GSユアサ製)や各オイル、ホール類、ねじ類まで日本製に交換することで高い品質を確保しているそうです。

実はこの「ネクストクルーザー」、昨年12月末にモデルチェンジを受けていて、ステアリングバーの3段階長さ調整式とし、リヤのテールをクリスタルタイプに変更(もちろん、バックライトや反射板も装着)。さらに、ボンネットや背面タイヤを支える骨組みを強化して安全性も向上させているほか、ナンバー灯、泥よけなどもモデルチェンジを機に用意。

 

ヘルメットの装着義務もなく、4WDではありませんがオフロード走行にも対応して、街中から農作業まで幅広く使えます。個人はもちろん、お店などの法人ニーズなど反響は大きいそうです。

新車乗り出し価格は39万8000円(税抜)で、標準カラー(ダークグリーン)のほか6万4800円でオプションカラーも用意されています。

(文/写真 塚田勝弘)

【関連リンク】

ブレイズ(ネクストクルーザー事業部)
http://www.nextcruiser.jp/

これは欲しい!原付用エンジン搭載し公道を走れる四輪ミニカー「ネクストクルーザー」【ジャパン キャンピングカーショー2017】(http://clicccar.com/2017/02/17/445858/)