13日に殺害された北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏の遺体について、家族が引き渡しを求めているとマレーシアのオンラインニュースサイト、フリー・マレーシア・トゥディ(FMT)が報じた。

FMTは、マレーシア政府関係者の話として、金正男氏の2番目の妻が中国政府を通じて遺体の引き渡しを求めていると報じた。この要求は、マレーシア駐在の中国大使館を通じて、マレーシア政府に伝えられているという。

FMTは2番目の妻の名前には言及していないが、マカオ在住のリ・ヘギョン氏と思われる。リ氏は、メディアにも登場している金正男氏の息子、キム・ハンソル氏の母親だ。

またAFP通信は、マレーシアの警察当局が金正男氏の遺族に、DNAのサンプルの提供を要求したと報じている。

マレーシア駐在の北朝鮮大使館は、マレーシア警察当局に遺体の解剖中止と、引き渡しを求めていた。これに対してマレーシア警察は要求を拒絶した。

一方で、マレーシアのザヒド・ハミディ副首相は、「いかなる外国政府でも要請があれば可能である」とし、北朝鮮側に引き渡す方針だとしつつも、「必要な手続きがある」とし、引き渡しは今週末に予定されている死体検案書の発行後になるとの見通しを示している。