Apink キム・ナムジュ、元Wonder Girls ソンミのソロ曲「24時間が足りない」を披露…これまでと違う姿に“視線集中”(動画あり)

写真拡大

「ゴールデンタンバリン」に出演したApink キム・ナムジュが、清純なイメージから抜け出し、セクシーな姿を誇示した。

16日、韓国で放送されたケーブルチャンネルMnet「ゴールデンタンバリン」にはBTOB ウングァン、チャンソプ、Apink キム・ナムジュが出演した。

キム・ナムジュは普段、清純なイメージのアイドルとして大人気を博してきたが、この日はその限界を超え、セクシーな魅力をアピールした。彼女が選択した曲はWonder Girls ソンミの「24時間が足りない」だった。

キム・ナムジュはソンミの短いステージ衣装を着て、裸足で公演した。キム・ナムジュのセクシーな魅力に続き、ウングァン、チャンソプがサポーターとして登場し、ステージをさらに豊かに飾った。