時給だけが魅力じゃない!低賃金でも人気なバイトって?

写真拡大

働くからには、同じ時間でもたくさん稼げる高時給のバイトに人気が集まるのが道理です。でもバイトの魅力は時給だけで決まるものでもありません。仕事内容、労働条件、職場環境、スタッフの雰囲気などなど…。これらの要素を全部総合して“バイトの魅力”が決定するのです。

では、時給が低くても決して辞める気にならなかった…むしろずっと続けたいと思えたバイトにはどんなものがあるのでしょうか?経験者の声を集めてみました。

憧れの人気バイト

「有名コーヒーチェーンのバイト。人気のバイトと聞いていたので、採用が決まったときすごく嬉しかった。ずっと立ち仕事で、笑顔を絶やしちゃいけないし、覚えることも沢山あるし意外に力仕事もある。結構ハードなので仕事の割には時給もっと上がってもいいんじゃないかと思うけど。憧れの制服と憧れの空間で自分が働けている楽しさ・充実感が最高だった。友達も増えたし、言うことない。大学の4年間働いて、就職とともに辞めました」(27歳女性/会社員)

有名コーヒーチェーンというと、きっとあのお店でしょうか。働いている自分をもっと好きになれるというのは、相当魅力的なバイトだったんですね。

いろいろなことを教えてくれた

「高校生のときからファーストフード店でバイトしている。高校生のときは特に時給安かったけど、お金を稼ぐという経験を初めてした場所だし、すごく社会勉強になったから思い入れもある。同じ高校生のスタッフも何人かいて、部活みたいで楽しかった。あと、みんながよく利用する店の裏を知ってるって、完全な自己満だけどちょっと優越感(笑)」(21歳男性/ファーストフード)

自分を成長させてくれた職場は、その人にとってきっと大切な場所です。自然に仲良くできるスタッフが集まっているのもポイントです。

自分の夢を応援してくれる

「クリーニング屋の受付をやっていた。今、私はドラムの仕事をしているけど、当時は『プロドラマーになりたい!』というだけの専門学生。店長さんはそんな私を応援してくれていて、『お客さんがいないときは練習していていいよ』と言ってくれたので、いつもカウンターの下でパッド(練習用に叩く台)をパタパタ叩いていた。あんな好条件で働ける職場にめぐり合えて本当にラッキーだったと思う」(31歳女性/ミュージシャン)

バイトをしながら夢を追う人にとって、その夢を後押しする環境を提供してくれる職場は理想的です。今の彼女も、当時のそのバイト先があったから、といえるかも。

“第二の家族”的な居心地のよさ

「近所のスーパーで働いて3年、今までのバイトで一番長続きしている。辞めようと思わない一番の理由は、居心地がいいから。同性で同年齢くらいのスタッフとも仲いいし、パートのおばちゃんたちもなんだかチヤホヤしてくれる(笑)。“第二の家族”って言っていいくらい安心感がある。馴染んでないと職場に向かう足取りが重かったりするものだけど、ここは同僚のみんなに会えるのが楽しみな気分になれるので、すごく楽しく働けている」(26歳男性/スーパー)

やはりバイト先の人間関係は重要です。ギスギス、ピリピリした雰囲気では余計な気疲れをしてしまいますが、この彼くらい馴染んでいると、働きながらむしろ癒しを感じられそう。

無心になって単純作業

「お弁当を作る工場のバイトです。ライン作業系のバイトは『やりたくない!』って言ってるの結構聞きますが、私はストレスなくやれているので合っているのかも。ひたすら単純な作業していると無心になれて、それが心地よく感じます」(19歳女性/軽作業)

単純作業って、好きな人とそうじゃない人にきっぱり分かれますよね。仕事の内容が自分にぴったり来るものであるほど、バイトのストレスも軽減されていきます。

在宅で好きなときに働く

「自宅でやるシール貼りの内職バイト。時給に換算したらあまりよくはないんだけど、在宅で自分のタイミングで働ける、というのがイイ。通勤時間はゼロだし、化粧や着ていく服に悩まされることもない。いつも好きな音楽をかけて鼻歌うたいながら作業してます」(27歳女性/シール貼り)

主婦のパートとしても人気な、在宅でできる内職系のバイト。仕事を自分でコントロールしていく難しさはありますが、なんといっても自宅が職場になるのですから、かなりリラックスしたまま働けそうです。

最後に

「仕事の魅力って時給だけじゃない」と思わせてくれる数々のエピソード、いかがでしたでしょうか。働いているうちにバイト先に魅力を見出す場合もあれば、最初から仕事内容が気に入る場合もあるようです。バイトをするなら、こう思わせてくれる職場にぜひ出会いたいものですね!

自分にぴったりのバイトを探すなら

人気のバイト情報が満載のマイナビバイトへアクセス!

(藤井弘美+プレスラボ)