RAYZ PlusとRAYZ

写真拡大

 オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、「パイオニア」ブランドから、ノイズキャンセリング機能を備えたLightning接続のインナーイヤーヘッドホン「RAYZ Plus(SE-LTC5R)」と「RAYZ(SE-LTC3R)」を3月下旬に発売する。価格はともにオープン。

 Lightning接続によってiPhone/iPad/iPod touchから電力供給することで、外部バッテリなしに、ノイズキャンセリング機能をはじめ、さまざまな機能を利用できる。本体には6つのマイクを備えており、耳と周囲をスキャンし、それぞれの環境に対応したノイズキャンセリングを行う。

 イヤホンを装着したままで外部の音を取り込めるようにする「HearThruモード」や、耳からイヤホンを外すと音楽の再生を自動で停止し、再装着すると再開、再装着しなかった場合は自動で低消費電力モードに切り替えるなど、スマートに使える便利な機能も搭載する。

 「RAYZ Plus」は、世界初のLightning接続用充電ポートをケーブルに備えており、iPhoneなどを充電しながら通話や音楽を楽しめる。カラーは、ブロンズ、グラファイトの2色。税別の実勢価格は1万6000円前後の見込み。

 「RAYZ」は、Lightning接続用充電ポート非搭載モデル。カラーは、オニキス、アイスの2色。税別の実勢価格は1万2000円前後の見込み。