「ラブ・アクチュアリー」の一場面 写真提供:アマナイメージズ

写真拡大

 ロマンティックコメディ「ラブ・アクチュアリー」(03)の続編が、10分の短編映画として製作されると、英ガーディアン紙が報じた。ヒュー・グラントやリーアム・ニーソン、コリン・ファース、キーラ・ナイトレイ、ビル・ナイ、ローワン・アトキンソン、アンドリュー・リンカーンらオリジナルキャストの多くが、それぞれの役の14年後を演じる予定だ。

 同作はクリスマス直前のロンドンを舞台に8組のカップルの恋模様を描く群像劇で、欧米ではクリスマス映画の定番となっている。脚本・監督を務めたリチャード・カーティスは、イギリスで3月24日に放送されるチャリティ番組「レッド・ノーズ・デイ」のために、「レッド・ノーズ・デイ・アクチュアリー」と題した短編映画を製作したと発表。「『ラブ・アクチュアリー』の続編を執筆しようとは考えたことはありませんでした。でも、お馴染みのキャラクターがいまどうなっているのか、10分間で描くのは面白いかもしれないと思ったのです」とコメントした。

 そして、「彼らと14年ぶりに再会し、それぞれのキャラクターを再び作り上げる姿を見たら、ノスタルジーに浸ることになりそうです」と撮影に期待を寄せている。なお、キャストにエマ・トンプソンの名前はないが、これは夫役を演じたアラン・リックマンが昨年1月に死去したことと関係がありそうだ。

 ちなみに、カーティス監督は、テレビ脚本家時代にアフリカ支援のためのチャリティー番組「コミック・リリーフ」を立ち上げている。「レッド・ノーズ・デイ」とは、貧困の子どもたちを救うためのチャリティ番組で2年に1度放送。子供たちを笑わせるために、出演者が赤い鼻をつけることから名付けられた。なお、アメリカにも「レッド・ノーズ・デイ」は上陸しており、5月25日に全米放送予定だ。