写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本エイサーは17日、法人・教育機関向けとなる15.6型Chromebook「CB3-532-FF14N」を発表した。2月20日から発売する。価格はオープン。

同社では初となる、15.6型の1,920×1,080ドット(フルHD)液晶を搭載するChromebook。ビジネス・教育現場向けの法人モデルとして提供される。CPUにはIntel Celeron N3160、ストレージには32GB eMMCを搭載。キーボードの左右にはステレオスピーカー×2基を配置し、Eラーニングにも適した仕様とした。バッテリ駆動時間も約12時間と長い。

主な仕様は、CPUがIntel Celeron N3160(1.60GHz)、メモリがDDR3L 1,600MHz 4GB、ストレージが32GB eMMC、グラフィックスがIntel HD Graphics 400(CPU内蔵)。ディスプレイは15.6型の非光沢(ノングレア)液晶を使用し、解像度は1,920×1,080ドット。OSはChrome OS。

通信機能はIEEE802.11ac/a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.2。インタフェースはUSB 3.0×2、HDMI×1、HD Webカメラ、SDメモリーカードリーダなど。本体サイズは約W383×D256×H24.2mm、重量は約1.95kg。

(リアクション)