画像

写真拡大

 サイバーエージェントは、インセンティブ型動画広告「Grateful Video Ad」をリリース。同広告は、特定のユーザーに対して広告の表示をしないよう制御するデリタゲ配信ができるという特徴を持つ。

 サイバーエージェントのアドテクノロジー商品の開発を行うアドテクスタジオは、インセンティブ型動画広告「Grateful Video Ad(グレイトフル ビデオ アド)」(以下、GVA)の提供を開始した。

 GVAは、ゲーム・マンガ系を中心としたアプリやWebメディア内において、企業の商品やサービスを動画で訴求する成果報酬型広告。ゲーム進行に必要なポイントが足りない時やマンガの閲覧の上限時間に達した後など、ユーザーにとって最適なタイミングにて動画広告の視聴を促すことができ、動画広告視聴率の向上を図るとともに、アプリ利用の活性化に貢献する。

 またGVAでは、動画広告を視聴したユーザーの反応を分類し、ネガティブな反応を示したユーザーに対して広告配信を制御するデリタゲ配信が可能になっている。その他にも、動画広告視聴ユーザーのアクセス解析や課金分析、高品質な動画広告と動画プレイヤーを機能として提供する。

MarkeZine編集部[著]