写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●操作性、AF性能、画質などほぼ全面改良
キヤノンから、ミラーレスカメラの新作「EOS M6」が発表された。2015年に発売された「EOS M3」の後継機にあたり、新たに「デュアルピクセルCMOS AF」を搭載するなど基本性能を高めている。発売は4月上旬。今回はEOS M6の試作機と既存モデルのEOS M3を比較しながら、その進化点をチェックしていこう。

○ボタンやダイヤルが整理され、操作感が向上

まずは「EOS M6」と「EOS M3」のそれぞれに標準ズーム「EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM」を装着し、新旧2台の外観を見比べてみた。パッと見の印象は大きく変わらず、遠目で見分けることは難しい。手にしたときのサイズ感と重量感にも大差はなく、どちらも気軽に持ち運べる小型軽量ボディだ。

正確には、EOS M6の外形寸法は幅112×高さ68×奥行き44.5mm。EOS M3に比べて幅が1.1mm、奥行きが0.1mmそれぞれ増している。本体重量については、24gアップして約343gとなっている。

細部をチェックしていくと、ボタンやダイヤルの操作部にさまざまな改良が加わっていることに気付く。順に挙げると、電源スイッチの位置が移動し、形状はボタン式からレバー式に変更。シャッターボタンの周囲にあるメイン電子ダイヤルはやや大型化したうえでローレットが改良され、回しやすくなった。

露出補正ダイヤルの同軸下にはサブ電子ダイヤルが追加。それに伴って露出補正ダイヤルは、ボディから一段高い位置に設置された。背面ボタンの数と配置は同じだが、割り当てが変わっている。また側面にはWi-Fiボタンが新設された。

外装は主に樹脂素材で、グリップ部にはシボ処理を施したラバーを配置。ラバーの面積が拡大し、背面や左側面の手触りが良くなった。カラーバリエーションは、シルバーとブラックの2モデルを用意。今回使った試作機は、ブラックのモデルだが、EOS M3がツヤ消しの黒であるのに対し、EOS M6はややツヤのある明るいグラファイトブラックとなる。

これらのデザインと操作面の改良は、昨年11月に発売されたEVF標準装備の上位モデル「EOS M5」にならったもの。ただしEOS M6は、標準ではEVFが非搭載であるため、EOS M5で採用されたダイヤルファンクションとタッチ&ドラッグAF機能は搭載していない。

●待望の「デュアルピクセル CMOS AF」を搭載
○AFの仕組みは上位機EOS M5と同等

撮像素子には、APS-Cサイズの有効約2,420万画素CMOSセンサーを搭載。サイズと画素数はEOS M3と変わらないが、新たに上位モデルEOS M5と同等となる「デュアルピクセル CMOS AF」に対応したことが大きなアドバンテージだ。

デュアルピクセル CMOS AFは、CMOSセンサーの画素1つ1つを独立した2つのフォトダイオードで構成し、全画素の情報を位相差AFに利用するキヤノンの独自技術だ。ストレスを感じない素早いAF駆動が期待できる。

画像処理エンジンは、EOS M3の「DIGIC 6」から、EOS M6では「DIGIC 7」に進化した。これによって連写速度が大きくスピードアップし、AF追従で最高約7コマ/秒、AF固定で最高約9コマ/秒を実現。また撮影直後の液晶ブラックアウトの短縮など、操作全般のレスポンスが高速化されている。

感度も向上し、高感度ノイズが低減。EOS M3では拡張感度だったISO25600が、EOS M6では常用感度として利用できるようになった。

そのほかには、Bluetooth Low Energy(BLE)によるスマホとの常時接続や、オプションのケーブルレリーズによるリモコン撮影、カメラ内RAW現像などの機能を搭載。動画はフルHD/60pの撮影に対応したほか、レン内光学手ブレ補正に加えて、ボディ内電子手ブレ補正が利くようになった。

●コンパクトな外付けEVFが新登場
○外付けEVFにも改良が

以上のようにEOS M6は、AFや連写などのレスポンス性能がEOS M3から大きく進化している。EVFが非搭載であることを除けば、上位機EOS M5とぼぼ同じ機能と使い勝手と考えていい。EVFを使わず、すべてのシーンを液晶モニターで撮影するユーザーにとっては、EOS M5よりも軽量コンパクトなボディが大きな魅力になるだろう。

しかもEVFが必要なら、オプションの外付けEVFを装着することも可能だ。既存の「EVF-DC1」よりも小型軽量な「EVF-DC2」がEOS M6と同時に発売される。EVF-DC2は円筒形の新デザインを採用。EOS M6のボディ形状によく似合う。

(永山昌克)