写真提供:マイナビニュース

写真拡大

オンラインベビーシッターマッチングサービスのKIDSLINE(キッズライン)は2月17日、認可保育園の選考結果で保育園利用が「不承諾(利用不可・保留など)」と通知を受けた人に、ベビーシッター代1万円分をプレゼントするキャンペーンを開始した(サービス初回利用者のみ対象)。

対象者は、認可保育園の入園申し込みをした結果、「不承諾通知(利用不可・保留など)」を受け取り、認可保育園に入園できなかった人。キャンペーンページをSNSで紹介した上で、同社ホームページ内の所定のフォームに必要事項を記入し、通知結果の画像をアップロードして送信すると、同社が運営するベビーシッターマッチングサービスの初回利用ポイント1万円分(1回2〜3時間、3回分に相当)がプレゼントされる。通知結果の画像については、「個人情報は画像加工等で見えないよう処理をお願いいたします」としている。

応募期間は2月17日〜3月11日(予告なく早期に終了することもある)。ポイントは、キッズラインの対象エリア(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、栃木県、茨城県、群馬県、長野県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県)のみで利用でき、利用期間は4月30日までとなっている。

同社は「2017年も保育園に落ちるママが続出し、育休延長や退職、休学、内定辞退をせざるを得ない状況に追い込まれています。保活を諦めた方、まだまだ保活が続く方に、保育園に落ちた絶望感を一度リセットして前を向いてほしい」とコメントしている。