Appleの最高デザイン責任者、ジョナサン・アイブ氏が出演する新製品紹介ビデオ風に、新開発した「ストロー」を紹介するネタ動画をアメリカのマクドナルドが公開しました。

「吸うと反対側から出てくるチューブ」STRAW

紹介されているのは、米マクドナルドの新メニュー、「シャムロック・チョコレートシェイク」のために開発されたストローの「STRAW」です。
 
米マクドナルド STRAW
 
「STRAW」の名前の由来は、Suction Tube for Reverse Axial Withdrawal(吸うと反対側から出てくるチューブ)という、ストローをわざわざ説明したフレーズの頭文字です。
 
米マクドナルド STRAW

ジョナサン・アイブ氏の新製品紹介を真似

映像には、ジョナサン・アイブ氏を連想させるイギリスなまりで話す、ジェフェリー・ロイ氏が出演しています。
 
米マクドナルド STRAW
 
映像の中でロイ氏は、アイブ氏が新製品を紹介する時の、やや大げさな表現と話し方を真似て「STRAW」を以下のように紹介しています。
 

それは革命的で、全てを変えてしまうもの・・・ではありませんが、近いです。

 
また、シンプルな製品パッケージも、Apple製品を意識しています。
 
米マクドナルド STRAW

流体力学の専門家を起用し本当に開発

マクドナルドは、チョコレートシェイクの複数のフレーバーを同時に吸えるよう、折れ曲がった形状で複数の穴が開けられた「STRAW」を実際に開発しています。
 
米マクドナルド STRAW
 
流体力学の専門家らが携わり、結構本気で開発しているようです。

アメリカの一部店舗限定で提供

マクドナルドは、「STRAW」を一般発売する予定はないようで、一部店舗で限定的に提供する模様です。
 
提供店舗は、マクドナルドの公式サイトで2週間以内に公開されるそうですが、日本での実施予定については情報がありません。
 
「STRAW」の紹介動画はこちらからご覧ください。
 

 
 
Source:AppleInsider
(hato)