「KARIO KAMATA」のベッドルーム

写真拡大

京王電鉄は2017年2月22日、民泊マンション「KARIO KAMATA(カリオ カマタ)」を東京都大田区蒲田4丁目にオープンする。京急蒲田駅とJR蒲田駅の中間に位置し、地下1階地上6階の鉄筋コンクリート造が一棟丸ごと民泊マンションだ。部屋は1K・1LDK・2DKの3タイプで全14室。料金は1泊当たり1万1000円〜2万1000円(税抜)。

アクセス良好で、日用品や食材の買い物にも困らない

同じ京王グループの京王不動産が運営・管理するこの施設は、6泊7日以上の中長期滞在者向けとして作られた。テレビや冷蔵庫、ドライヤー、ケトル、フリーWi-Fiといった備品はもちろんのこと、システムキッチン、浴室乾燥機、調理器具、電子レンジ、食器、タオル、掃除機なども用意されている。もちろん自炊可能。

新築デザイナーズ・マンションの清潔感あふれる室内に、洗練されたアンティーク家具やアートが備わる。 ホテルやゲストハウスとは違い、まるで自宅で暮らすかのように、のびのびとすごせる。

最寄りの京急蒲田駅は、羽田空港や品川、横浜の各方面に乗り換えなしで行ける電車が多数発着する。JR蒲田駅から京浜東北線に乗れば、東京駅や秋葉原駅も一本で行ける。アクセスはすこぶる良好、それでいてマンション周辺は下町の雰囲気を色濃く残す。総合スーパーのオリンピック蒲田店は250mの近さで、気軽に立ち寄れる飲食店も多い。

2月15日から公認民泊仲介サイトの「STAY JAPAN」で宿泊予約受付がスタート。オープニング記念で正規料金を割り引くキャンペーンを期間限定で実施している。詳細は「STAY JAPAN」を参照。