写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●いろいろな人がつないでくれた10年
2017年でデビュー10周年を迎える女優・川口春奈(22)。長崎県・五島列島出身で、親友が応募したモデルオーディションで芸能界の道に進むことに。中学3年生の時に上京し、「大人に囲まれて」仕事をしながら実力をつけ、荒波をただひたすらに泳ぎ続けてきた。初共演の山崎賢人とW主演する映画『一週間フレンズ。』(2月18日公開)は、彼女だからこそ深く心に投げかけてくるメッセージがある。

あの日あの時、大切な人との何気ない一時を自分ははっきりと覚えているだろうか? 自分にとっての大切な人とはどのような人なのか? そして、その人のことを今、本当に大切にできているのか?

高校2年生の長谷祐樹(山崎)は、同級生・藤宮香織(川口)に「友達になってください」と声をかけるが、香織は"友達のことを一週間で忘れてしまう"という記憶障害があったため、長谷を拒み続ける。それでも長谷は諦めきれず、毎週月曜日、記憶がリセットされるたびに香織に会いに行き、交換日記を始めることで少しずつ距離が縮まるが――。

「あまり友達がいないんです」とありのままの自分を伝える川口。周囲の言葉に耳を傾けるだけでなく、"記録"し続けてきたのは、子どもの頃から大人と仕事する中で備わった生きる術だったのだろう。10年来の友人と続けている交換日記も、「大切な人」と向き合う真摯な気持ちに他ならない。今回のインタビューでは、仕事との向き合い方から彼女の様々な一面が見えてきた。

○「記憶喪失」を演じるということ

――こういう男女共学の青春物語を見るとうらやましく感じます。

そうなんですね(笑)。友情や家族愛がメインになる作品です。恋愛要素もありますが、人間関係の部分が学生目線で描かれているので、学生だけでなく、大人の方々が観ても心に刺さるんじゃないかなと思います。

――事前に出されていたコメントでは、「気持ちの変化や表情や仕草、細かいところまで丁寧に演じようと思い没頭しました」とありました。

もちろん原作は読みましたが、原作がある実写作品の場合は毎回そこに囚われないように意識しています。ビジュアルはしっかりと寄せますが、映画には脚本があるのでそちらの方に集中するように。演じる上で、今回はほとんど原作を意識していません。

――記憶がなくなっていく様を演じるのは大変だったのでは。

難しかったです。自分が表現するところは想像の部分でしかなくて、自分では分からないというか経験していないから、本当の意味で分かることができない。でも、記憶を失う方々の気持ちを考えてそこまで自分の感情を持っていかないといけない。それに、「友達のことだけを忘れる」という設定自体も特殊です。そこをどういうふうに表現すればいいんだろうと悩みました。

監修の先生が入ってくださっていたので、カウンセリングのことや、忘れたことを思い出すためのテストの話を聞いたりして参考にさせていただきました。

――そういう準備は演じる上でもプラスに。

はい。やっぱり、知らないと分かってあげられない。自分の知らないことは、しっかり事前に聞くべきですし、そこを想像だけではやりきれないです。そういう監修の方のお話を聞くと、1つの要素として少しだけ演じやすくはなります。

――山崎賢人さんとの初共演。「長谷くんにしか見えなくなって自分の感情を勝手にコントロールされてるかのようで不思議な時間」だったと。

自分が良いお芝居をするためには、もちろん相手の方からも影響します。山崎さんは初共演でしたが、そういう意味ではガチっとハマったような感覚でした。お互い多くは語らないし、役のことも話し合ったりはしないんですが、いざ本番となると、そこに長谷くんと香織が本当にいるような感覚になれる。彼に引っ張ってもらった撮影でした。

――初めて共演される時、何か心がけていることはあるんですか。

全くありません。でも、相手のことを知りたいので、できるだけ積極的にコミュニケーションは取っています。同年代が多かったのでみんな自然と仲良くなって、すごくいい雰囲気でわきあいあいとした現場でした。

○会えなくても大切な友達

――「いつの時代もきっかけを作ってくれるのは友達だ」という言葉が印象的だったのですが、川口さんにとってこの言葉が当てはまる方はいますか。

あまり友達がいないんですよ(笑)。たくさんいる方ではないので、そういう関係はうらやましいなと思います。友達だけではなくて、仕事の人であっても、家族であってもそこまで自分をさらけ出せる関係って、すごくすてきですよね。

――川口さんといえば、出身地の長崎・五島列島の親友が『ニコラ』のオーディションに応募したことがデビューのきっかけ。真っ先にそのことを思い出しました。

私の親友で幼馴染です。長い間、離れてしまっていて、自分が東京に出てきて何年も経ってしまっているのでなかなか会うことができません。お互い、今は別々の道を歩んでいますが、会えなくても大切な存在です。

――逆に自分が影響を与えたことは? 誰かに感謝されたり。

いつも自分が感謝している方です。この環境もそうですし、きっかけを作ってくれた幼馴染も。そもそもその子がいなければ、私はここにいません。両親や家族、いろいろな人がいて私はここにいます。2017年はデビュー10周年になりますが、ここまでいろいろな人がつないでくれていると、最近すごく思います。

――ファンとのふれあいの時によくブログを更新されていますね。やっぱり、支えられてると実感が?

応援して作品を観てくれる人がいないと成り立たない仕事。そういう方たちがいての「自分」なので。ファンイベントやブログをこれからも大事にしていきたいです。

●わざわざ書くことに意味がある
――ブログに投稿した内容が度々話題になっていますね。

いえいえ、こちらが勝手に更新して好きなことを書いているだけなので(笑)。でも、うれしいです。暇つぶしに見てもらえたらなと。

――歌手に間違えられた話、面白かったです。(「今日は街を歩いてたらすみませーんと声を掛けられたと思ったら新曲聴きましたー!って言われて、、大好きですって言われて これまじで前にも言われたことあって、、つい笑っちゃったんだけど誰やねん!と心の中で突っ込みながらありがとうございます〜って言っておきました。歌出そうかな?」2016年10月4日投稿)

ありがとうございます。くだらないことばかり書いてます(笑)。文章を作ったり、考えたり、何かを発信するということがあまり得意ではないんです。難しいですけど、求めてくれている方がいるのでがんばりたいなと思っています。

――文章、面白いですよ。

本当ですか?

――はい。すごく丁寧に書かれているんだろうなと。

寝る前に思いついたことを書いています。考えて書くことが好きではないので、その時に浮かんだことをぱぱっと。突発的に文章化しています。

○メモとブログの使い分け

――この映画を観て。自分はあまり記憶力がいい方ではないので、日記を書くようにしようかと。川口さんは思い出を記憶するために何かしていることはありますか。

携帯でメモを取るようにしています。パンクしそうなくらい、すごい量です(笑)。大事なこと、明日持っていくもの、人から言われた忘れたくない言葉、共感した言葉、おすすめの映画とか。自分が「いいな」と思ったことは、書き留めるようにはしています。忘れたくない、そう思ったらすぐにメモってます。

――いつぐらいから?

ずいぶん昔からですね。仕事をするようになってすぐだったと思います。大人に囲まれて仕事をしてきてそういう情報を覚えておく必要がありますし、自分の悪いところを言ってもらえたら忘れたくないので。そうやって、段々癖になっていったんだと思います。おいしいごはん屋さんとかもメモりますけどね(笑)。

――見返すことは?

あります。クリアしたものは消すようにしています。

――自分が思ったことや感じたことは書かないんですか。

書かないですね。そういうことはブログで書くようにしています。

○交換日記を通して伝えていること

――日記を書こうと思ったことは?

小学生の時、学校の方針で毎朝日記を書かされていました(笑)。交換日記は今も続けています。毎日自分の気持ちを書く習慣はありませんが、相手に何かを伝えるために書くことはしている方だと思います。

――交換日記してるんですか?

一人の友達とやっています。毎日渡せるわけではないので、会った時に。何かを伝えたいと思った時に書いています。

――すてきな仲ですね。

お礼とか謝りたい時とか、交換日記だから言いやすいことがあるんですよね。口では言いづらいことがそこでは素直に言える。ケンカはしたくないので。文字だと自分の気持ちをきちんと伝えられるし、相手に対する思いも伝わる。今はLINEとかで伝えたりすることは簡単ですけど、その人のことを思いながらわざわざ書くことに意味があるのかなと。

――どのくらいの付き合いの方なんですか?

すごく長いです。10年ぐらいになりますかね。自分のことをほぼ知っているくらいの人。交換日記をはじめるきっかけも、本当に適当で(笑)。文房具屋さんに行って、かわいくて分厚いノートがあったので、軽いノリで始めました。

分厚いノートなので、まだ半分もいってないくらい。見返すのがおもしろいんですよね。自分が携帯にメモったことを見返すのは大変ですけど(笑)。こういう日もあったなぁとか、この日はプリクラを撮ったんだなぁとか、いろいろなことを思い出すことができます。

――今回の作品は共感する部分も多かったんじゃないですか?

そうですね。交換日記を始めて「必要ない」と思ったこともないし、何よりも相手のことをよく知ることができる1つの手段です。すごくくだらないことも書くし、自分の心の中に閉まっていたことも。

――それでは最後に。この作品に関して、今回のインタビューに記録しておきたいことを。

友達だけでなく、人と人の絆や温かさが描かれている作品です。子どもから大人の方まで、世代問わずに観てもらいたい。この言葉がいいなとか、このシーンが好きだなとか、1つでも見つかるとうれしいですし、家族や友達や大事な人たちのことを考える時間が少しでも増えるといいなと思います。

■プロフィール
川口春奈(かわぐち・はるな)
1995年2月10日生まれ。長崎県出身。身長166センチ。O型。2007年、ファッション誌『ニコラ』(新潮社)のモデルとしてデビュー。2009年に第13代リハウスガールに抜てきされ、同年、フジテレビ系『東京DOGS』でドラマデビューを果たすと、以後多数の作品に出演。近年は、『探偵の探偵』(フジテレビ系・15年)、『家族ノカタチ』(TBS系・16年)、『Chef〜三ツ星の給食〜』(フジテレビ系・16年)などのドラマ、『クリーピー 偽りの隣人』(16年)、『にがくてあまい』(16年)、『一週間フレンズ。』(17年)などの映画に出演している。
(C)2017 葉月抹茶/スクウェアエニックス・映画「一週間フレンズ。」製作委員会

(水崎泰臣)