会社ではパソコンに向かってデスクワーク、電車や家ではスマホでSNSやニュースのチェック……。そんなあなたはもしかしたら巻肩かもしれません。いや、現代人はほとんどの人が巻き方といっても過言ではありません! 首コリや肩コリの原因にもなる巻肩。放っておくとスタイルも悪くなり、バストの形は崩れ、お腹ぽっこりという悲惨な状態になってしまうかも。どうすれば改善できるのでしょうか?

巻肩かどうか簡単セルフチェック!

巻き肩とは、横から見た時に肩の位置が前に出ている状態のこと。まずはあなたが巻肩かどうか簡単なセルフチェックをしてみましょう。力を抜いて両手を垂らした状態で立ってみてください。手の甲が身体と平行に外を向いているのが正しい状態。手の甲が斜めを向いていたり、少しでも前を向いているならあなたは巻き肩です。どうしても手を太ももの上に当てたくなる人も巻き方。鏡に映る自分の横の姿をチェックして、肩に丸みがある感じがしたらそれも巻き肩ですね。

巻肩の予防法はあるの?

巻肩の予防法は、なんといっても姿勢をよくすることしかありません。巻肩は長時間座った状態で、うつむき気味になっているとなりやすくなります。特に最近は「スマホ巻肩」という呼び名もあるほど、スマホの影響は大きいとされています。スマホに夢中になっている人でよく見かける、体を前傾姿勢にした猫背の姿勢は筋肉を使っていないため、腹筋やインナーマッスルが衰えてしまいます。

そうするといざよい姿勢をとろうとしても上手く姿勢が保てなかったり、正しい姿勢をとると疲れてしまったり、悪循環に陥ってしまうのです。オフィスや電車の中で自分の猫背でだらんとした姿に気付いたら、まずは骨盤を立てて肩甲骨を意識、肩の力を抜き、まっすぐに座ることを心掛けましょう。気付いたときにすぐ姿勢を正すことでも、インナーマッスルは鍛えられ、巻肩の予防になります。

巻肩を改善するストレッチをしよう!

巻肩を治したいと思ったら、ストレッチをしましょう。パソコンやスマホは毎日長い時間使うことが多いため、ストレッチも一週間に一回ではなく、毎日少しずつでも行った方が効果的です。「巻き肩」のストレッチ法はたくさんあるので、インターネットなどを参考に自分が気持ちよく続けられる、お気に入りのストレッチを見つけてみてください。以下に、巻肩を矯正するストレッチ法を少しだけ紹介します。

タオルを使ったストレッチ法

バスタオルなどを少し長めのタオルを一枚用意。タオルを両手で持って、バンザイをした状態で前後にしっかり伸ばします。バンザイよりもより後ろに腕が来るように動かすと、大胸筋がぐっと伸びるのが感じられると思います。

座って行うストレッチ法

椅子に浅く腰掛け、腕を後ろで組みます。そして両側の肩甲骨をぐっと引き寄せ、胸を引き上げて深呼吸を行います。

巻肩になると頭痛、肩コリ、便秘、肌荒れ、肥満などのリスクが高まるのはもちろん、何より見た目の印象が悪くなり、どんなに女子力を磨いても美しく見えないという悲しい結果に……。そうならないためにも、普段からストレッチを取り入れて、きれいな姿勢の印象美人を目指しましょう。


writer:サプリ編集部