『モアナと伝説の海』監督来日イベントで、主題歌「どこまでも 〜How Far I’ll Go〜」を歌う屋比久知奈さん ©︎2017 Disney. All Rights Reserved.(撮影 / つるたま)

写真拡大

ディズニー公式YouTubeチャンネルが、『モアナと伝説の海』モアナ役日本語声優・屋比久知奈さん関連動画を続々公開!

【動画】日本版モアナがついに披露! 主題歌「どこまでも〜How Far I’ll Go」吹替版PV公開

生歌初公開となった監督来日イベント舞台裏の様子も。

屋比久知奈さんの生歌の魅力と、生歌が聴ける貴重な機会である、「フレンズ・オブ・ディズニー・コンサート2017」(2017年3月26日)出演情報も、まとめて紹介します。

監督来日イベントで生歌初披露

2017年2月9日に開催された、『モアナと伝説の海』監督来日イベント。

モアナ役の日本語吹き替え声優、屋比久知奈さんは、ジョン・マスカー&ロン・クレメンツ両監督へのプレゼントとして、「どこまでも 〜How Far I’ll Go〜」の生歌を初披露しました。

心揺り動かされる表現力! 屋比久知奈の生歌

私は幸運にも……仕事とはいえ、本当に本当に幸運だったと、いま実感するのですが、屋比久知奈さんの “生歌初披露” の場に、居合わせました。

ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ両監督への公開質問のあとで、舞台に登場した屋比久知奈さんは、見た目ではっきりとわかるほど、緊張していました。

挨拶の出だしでは、一瞬詰まる様子も。

トークも、気の利いたことを言おうという余裕はなく、「失敗しないように……」という方向に意識が向いていたように見えました。

が、ひとたび歌い始めると、空気が一変。

大勢の報道陣や、(私を含む)メディア関係者が目の前にいるはずなのに、屋比久知奈さんは、あっという間に、私たちの存在しない、別の世界へと入り込んでゆきます。

もちろん、入り込んだ先は、モアナの心の中です。

「どこまでも 〜How Far I’ll Go〜」に込められた、モアナの感情や、思い。

一つひとつ、丁寧に汲み上げ、歌声として表現していきます。

この舞台度胸は、それまでの “緊張していた大学生の女の子”の姿からは、想像もつかないものでした。

生歌披露の様子は、ディズニー公式YouTubeチャンネルに、2月10日に公開されていますので、ぜひチェックしてみてください。

“モアナを演じる” にとどまらない屋比久知奈の生歌の魅力

閉塞感や、悩みを歌っていた、前半部分から、「空と海が出会うところは〜」以降、モアナの期待や希望を歌うセクションに移るのですが、ここからが屋比久知奈の本領発揮。

屋比久知奈さん自身の、歌う喜びや、“歌が大好き” という思いが、全身から感じられるようになってきます。

逆説的ですが、自分が発した歌声に、一体化することで、屋比久知奈は、誰にも侵されない、揺るぎない存在になる--そんな気さえしてきます。

後半の、伸びやかな歌声と、混じりけのないダイレクトな感情は、圧巻の一言。

天地鳴動の脅威に立ち向かう、ディズニーのヒロインに負けず劣らずの、無敵モードのヒロインの姿が、そこにありました。

日本語がまったくわからないというロン・クレメンツ監督、そして(タラおばちゃん役)夏木マリさんが、感動のあまり、涙するほど。

単に、モアナを “演じる” だけでは、ここまで心揺さぶられたりはしません。

屋比久知奈という個性、あるいは天賦の才あってこそ。

私も、取材を終えてから、少なくとも半日は、興奮が収まりませんでした。

ディズニー公式が屋比久知奈動画を続々公開!

生歌初披露の動画も必見ですが、ディズニー公式YouTubeチャンネルでは、その後も、屋比久知奈さんの動画を、続々と公開しています。

まず、2017年2月15日に公開されたのが、2本のインタビュー動画です。

1本目は、『モアナと伝説の海』日本語声優のオーディションを受けたきっかけや、オーディションの内容について、語られています。

まさか受かるとは、まったく思っていなかったため、緊張した記憶がまったくないくらい、楽しんでオーディションを受けたそうです。

2本目は、屋比久知奈さん自身の生い立ちや、得意な英会話についてなど、人物像に迫る内容。

また、モアナと屋比久知奈さんの共通点は? との質問に、「負けず嫌い」と答える一面も。

あの舞台度胸と、パフォーマンスを見れば、納得です。

生歌初披露の舞台裏に迫る、密着ドキュメンタリー

さらに、2017年2月16日に公開されたのが、生歌初披露の舞台裏に迫る、2本の密着ドキュメンタリー。

この2本は、内容が重複している部分もありますが、どちらも必見。

3分43秒の短いほうは、イベント会場に展示されていた、グッズの映像からスタート。

『モアナと伝説の海』ツムツムや、ジュエリー、人気ブランド「サマンサタバサ」のバッグなども見られます。

リハーサルにのぞむ屋比久知奈さんの緊張の面持ちを見ると、相当なプレッシャーだっただろう事実をうかがわせます。

控え室から漏れ聞こえてくる、練習を繰り返す歌声も、収録されています。

もう1本の、5分23秒の動画は、よりドキュメンタリー風に編集されており、フジテレビ「みんなのニュース」密着取材の様子や、舞台裏でのコメントも収録。

中でも、夏木マリさんが語る、屋比久知奈評には、注目。

スターになる要素を、すべて兼ね備えているとして、「歌が抜群」「英会話ができ、インターナショナル」「顔が小さい」などの要素と共に、「物怖じしない」を挙げていました。

舞台裏では「しっかりやらなきゃ」というプレッシャーなのか、顔がこわばっているシーンが多いですが、舞台に出れば一変するのは、冒頭で紹介したとおり。

ベテラン女優&歌手・夏木マリの、さすがの洞察だと感じます。

屋比久知奈、3/26コンサート出演決定!!

今後、『モアナと伝説の海』2017年3月10日公開にともない、屋比久知奈さんは、プロモーションに多数登場すると思われます。

が、それでも、生歌が聴ける機会は、そうそうないでしょう。

取材の機会に恵まれた私も、生歌初披露の直後から、

「屋比久知奈コンサートに行きたい!」

との思いを強くしていたのですが、朗報です。

2017年3月26日(日)に、東京国際フォーラム・ホールAで公演される「フレンズ・オブ・ディズニー・コンサート2017」への出演が決定!

屋比久知奈の生歌が聴ける!!

ということで、私はさっそくチケットを購入しました。

『ズートピア』の主題歌「トライ・エヴリシング」を歌うDream Amiさんも登場するので、最近のディズニー映画にハマった方も、楽しめると思いますよ。

チケットは、チケットぴあ他、3つのプレイガイドで、発売中です(2/17現在、まだ購入できます)。

■フレンズ・オブ・ディズニー・コンサート2017

2017年3月26日 (日)
<昼公演>13:00開場/14:00開演
<夜公演>17:30開場/18:30開演

会場:東京国際フォーラム・ホールA

【チケット価格】(全席指定・税込)
S席 : ¥8,500
A席 : ¥7,500
B席 : ¥6,500

※3歳未満のお子様のご入場はお断りさせて頂きます。

出演/Friends of Disney Band & Singers

ゲストアーティスト/NHK東京児童合唱団、海宝直人、笹本玲奈、サラ・オレイン、Dream Ami、屋比久知奈、山寺宏一、ROLLY、綿引さやか

ナビゲーター/パパイヤ鈴木、中川翔子

「どこまでも 〜How Far I’ll Go〜」は、もうiTunesで聴ける!

「モアナと伝説の海 オリジナル・サウンドトラック<日本語版>」は、2017年3月1日に発売予定。

2月17日時点で、プレオーダーが可能です。

が、屋比久知奈さんが歌う「どこまでも 〜How Far I’ll Go〜」は、すでに先行配信中!!

こちらも私は、すでに購入済み。

子どもたちと一緒に、ヘビーローテーションで聴いています。

映画の公開が、楽しみでたまりません!

『モアナと伝説の海』
2017年3月10日(金)全国ロードショー