写真提供:マイナビニュース

写真拡大

GMOデジタルラボは2月16日、店舗や企業専用の集客支援型スマートフォンアプリを短期間・低価格でオーダーメイド制作する「GMOおみせアプリ」において、買い物で利用可能なポイントを発行できるオプションプラン「ポイント+(プラス)」の提供を開始した。

GMOおみせアプリでは、来店スタンプ発行機能をはじめ、顧客のリピート来店を促す機能の拡充に取り組んできた。同時に店舗や企業から、ポイント発行機能の提供が要望として寄せられていたため、このたび新たなオプションプランとして「ポイント+」を提供開始した。

ポイント+は、顧客の支払い金額に応じて店舗独自のポイントを発行できる。ポイント還元率は例えば、「300円で1ポイント」「キャンペーン期間中は100円で1ポイント」など、店舗側で自由に設定することが可能。支払い時に使えるポイントの換算レートも店舗ごとに設定することができる。

これにより、独自のポイントサービス導入を検討する店舗も、簡単にアプリ内でポイントを発行することが可能となるほか、ポイントを貯めている顧客のリピート来店が期待できる。

また、GMOおみせアプリでは、ネットショップ機能を搭載した店舗アプリを制作できるオプションプラン「カート+」も提供している。カート+で制作したアプリをポイント+と連携することで、リアル店舗とネットショップで共通ポイントを発行することが可能。オンラインとオフラインでの相互集客も実現できるという。

なお、ポイント+は初期費用が3万円(税別)、月額費用が5000円(税別)で、最低利用期間が12カ月となる。

(小松原綾)